リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
29位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はオードリーの85回目の誕生日です。
そこで以前から気になっていたことを書きます。

オードリーって実生活では母性の強かった人でファンには知られていますよね。
「暗くなるまで待って」の後で、オードリーは子育てに専念する為にしばらく映画界を退いていますし。

でも映画では、オードリーはなんと3回しか母親の役を演じていません。
「モンテカルロへ行こう(モンテカルロ・ベイビー)」「いつも2人で」そして「ニューヨークの恋人たち」。

でも初期の「モンテカルロへ行こう」は赤ちゃんがいなくなるというドタバタ喜劇で、オードリーは母親でありながら、母性はあまり必要とされていない。そのうえまだオードリーも若いし、実際には母親になってないので、母親らしさは皆無。

「いつも2人で」はさすがに実際の母親になってからなので、せっかく作った砂のお城を壊された娘を思い遣るシーンは巧いのですが、子役があんまり気にしてなさそうなのがネック。(^^;
それにあくまでもこれは夫婦の話なので、あまり子供に重心は置かれていない。

「ニューヨークの恋人たち」は子供と歩くシーンがありますが、まあこれも子供がいるんです、っていう設定を見せてるだけで、話の筋では飾りみたいなもの。

なので、あんまり子供との関わりってのがないんです。映画では。
「噂の二人」が学校を経営している教師の役なので、子供は出てきますけど、これも母性が見れる作品では無いですしねー。

過去にオードリーがオファーを受けながら断ったらしい作品を調べると、子供との関わりの大きいものも無かった訳ではなさそうなんですよね。
たとえば「サウンド・オブ・ミュージック」。他に子供と大きく関わる作品が無いので、オードリーが演じたらどうだったんだろう…っていうのがあんまり想像できません。

他にも、1959年の「月夜の出来事」というケーリー・グラントのロマンティック・コメディ映画で、映画評論家の大御所だった双葉十三郎氏が “これはオードリー・ヘプバーンの為に用意されたのではないか?” と書いておられます。
妻が死んで3人の子供を持て余しているところにソフィア・ローレンが現れて子供たちと仲良くなり、グラントと結ばれる…という役らしいんです。が、ソフィア・ローレンだとアクが強く、微笑ましさがない。オードリーだったらもっとキュートになったろう…と述べてらっしゃるんですよね。
もっともその時期のオードリーは「尼僧物語」「緑の館」「許されざる者」と、演技も出来る事を見せようと、真面目な映画にチャレンジしていた時期だったので、オファーがあってもコメディには興味なかったのかもしれません。

逆にオードリーにお母さんのいた役ってのもほとんどありません。実の母は「戦争と平和」1本だけ。あと「許されざる者」では育ての母がいますが…。
父子家庭なら「麗しのサブリナ」「昼下りの情事」「尼僧物語」「マイ・フェア・レディ」「おしゃれ泥棒」と5本もあります。「華麗なる相続人」でも冒頭で父が亡くなりますが、母は既にいない設定なので、計6本になりますよね。

実際には父と離れて母子家庭だったオードリーですけど、このお母さんがかなり厳格にオードリーを育てたそうで、一般に想像するような優しい母のイメージでなかったことはファンの間では有名。
オードリーの伝記でも、母エッラは他の人といる時はとても気さくで明るい人柄なのに、オードリーに対しては別人のようで、とても厳しかったそう。オードリーもそれを苦痛に思ってたフシがあるんですよね。でもエッラは本当はオードリーを物凄い大事に思ってたんだろうなー、大好きだったんだろうなーって思います。エッラとオードリーにとって残念なことに、エッラは愛情の表現の下手な人だったんでしょうね。

ま、そのおかげで友人たちが知る自分を律するオードリーが形成されたんでしょうが、このオードリーの持つキリッとした感じが、演じるにあたっても母子家庭の子というよりも、父子家庭でお母さん亡き後、家の事一切をこなしてきた健気にお父さんを支える娘、という方がピッタリだったんでしょうね。

現実では母の(目に見える)愛情を受けなかったので、自分の子供には思いっきり母の愛情を注ぎたい!というのがオードリーの願いだったようです。
やがてそれが “映画に出ていると子供との時間が減ってしまう…” という思いに変わっていったようで、「いつも2人で」や「暗くなるまで待って」の頃のインタビューでは既に映画よりも子供といる時間を大事にしたいという発言をおこなっています。

後年ヴィスコンティが「家族の肖像」で、ピーター・ボグダノヴィッチが「カーテンコール/ただいま舞台は戦闘状態」でオードリーに依頼したような、年下の男と関係を持つ、などというオードリーのそれまでとあまりにかけ離れた、かつオードリーが演じたがらない役柄ではなく、オードリー自身に有り余っているような母性を演じるような、楽しいor真面目な役のオファーがあったら、もしかしたらオードリーも出演に快くOKを出したかもと思うんですよね。

でもなんで、そういうオードリーに不向きな役を監督たちもオファーするんでしょうねー。オードリーの性格からして、そういうのはもう依頼する前から受けないとわかりそうなもんですけどねー。まあ70年代という時代の映画が、オードリーらしさなど求めていなかったのかもしれないな〜とは思うのですけれども。

結局そういうオードリーの溢れる母性は、晩年のユニセフの行動に繋がっていって、“世界中の子供たちを救いたい!”と訴えるようになっていくんですよね。
その思いは今でも“オードリー・ヘプバーン子供財団”が引き継いでいるわけですけれども。

もし後期にそういう母の役があれば、ファンには実生活でのオードリーが息子たちにどんな風に接していたのかが垣間見えたかもしれませんし、「ロビンとマリアン」に続いての後期の代表作が出ていたのかも…なんて思って、ホントにもったいないな~と思うのです。
関連記事

コメント

なるほど、そういわれてみれば家族じゃなくて2人の関係の話が多いですね。制作側から見るといつまでも恋愛対象のイメージなんですねぇ?あるいは経済発展著しい時期でじっくり子どもと向き合うような映画が流行る時代じゃなかったのかなぁ。
でもほんとちゃんとした母親役観てみたかったですね!

誕生日ということで今日のgoogleはオードリーですね*(^o^)/*
そして私の誕生日でもあり・・同じ誕生日なのはとても嬉しいです(*^^*)

reisia さん、こんばんは。
GWがらみで返事が遅くなり、申し訳ありません。m(_ _;)m

60年代後半〜70年代前半になっても実年齢よりかなり下の役のオファーばかりで、オードリー自身も“私にそんな役がやれて?”と思っていたそうですから、家族物より恋愛ものの役ばっかりだったんでしょうね。

確かに1本もまともな母親役が無かったのは、考えてみれば残念だな〜と思います。

そして、reisiaさん、オードリーと同じお誕生日、おめでとうございます!!この1年もreisiaさんにとって良い年でありますように!(^-^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/73-9d1b8bb4

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。