リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
29位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「踊り明かそう」

さて、最初に書いたように、この作品をオードリーの最高傑作!
と呼ぶのには(僕は)なんのためらいもないのですが、
個人的に言わせてもらうと、大使館での舞踏会が終わってから、
ちょっと退屈します。
イライザのお父さんの「時間通りに教会へ」のナンバーなんか、
これが大作でなければカットされるでしょうね。
見ていて楽しいけど、本筋とは関係ないし。

初めて見た中学生の時なんかは、女心がわからなかったもので
(まぁ、今でもわかっているかどうか疑問ですが…)、
大使館でのあと、なんでイライザがあんなに不満なのかわかりませんでしたね。
花売り娘の時代のイライザなら、
きっとあの場で、“私のおかげよ〜!”ってな感じで
ノー天気に真ん中にしゃしゃり出て行きそうな気もするのですが、
“私はこれからどうすればいいの!”って泣き崩れますよね。
言葉使いと共に、内面まで変わっていってるんですね。
強烈に自我が目覚めてます。
それと、ここ、意味深なこと言いますね。
“昔は、花は売っても体は売らなかった。レディになった今は、体しか売る物がない!”
おっとー!文字通り、体を売るわけではありませんけれど、
貴婦人ってそう言われれば…って思いますねー。
もちろん、シンデレラ・ストーリーですから、ここは軽く流していますけど、
これは原作者バーナード・ショーの皮肉が入ってるんでしょうか?

僕が退屈になるのはこんな所にも原因があるのかもしれません。
「素敵じゃない?」を歌っていた下町では
みんな貧しいけど、“いつかは!”って夢がある。みんな笑顔で生活してる。
でもその夢の世界に入ってみると、ガチガチに決まりごとなんかがあって、
お世辞でくるんだ作り笑い。しかも、“売るのは体だけ”。
うーん、前半は周りの人達が洋服は汚いけど、活き活きしてるんですが、
後半に出てくる上流社会では、洋服は華やかなんですけど、みんなの表情は硬くなるので
そのへんに僕にとっての原因があるのかもねー、なんてね。
だって、前半は、そういう上流社会に紛れ込んだ
下町のイライザの反応が面白いわけでしょ?
そのイライザが上流社会に溶け込んじゃったら、
普通のお硬いお話だし。
だから後半は“こんなのになりたかった訳じゃない!”
ってお話なわけでね。

ここでもう1歩突き詰めると、イライザは古巣に戻ろうとはするんですね。
家出ということで、もとの花を売っていた場所(コヴェント・ガーデン)に戻ってる。
でも、ここでもレディ扱いされて、だーれもイライザだって気付いてくれないもんで、
諦めてフレディとヒギンズ夫人の家へ。
で、結局イライザは“夢はあるけど、なかなかそうもいかないお気楽な下町暮し”
よりも、自分で言った“体を売らなければならない上流階級”
に留まることにしてますよね。ま、これは自分で自分の進退の責任をとる!
と決めた、ということでもあるんですが。
言い換えれば“責任のない”暮らしではなく、“自己管理が必要な”暮らしを選んだ、
ということで、これはこれでイライザの成長なんですよね。
貧しい暮らしには戻れるけれど、何にも考えない自分には戻れない、
ということで…。

ここで原作通りに進むと、結局イライザはヒギンズ教授を見捨てて
どこか行ってしまうわけで、原作のバーナード・ショーの皮肉が
たっぷり盛り込まれるわけなんですけど、
さすがにそこはハッピーエンドですよね。
原作(バーナード・ショーの「ピグマリオン」)に関してちょっと述べますと、
戯曲部分はイライザが出て行って終わりなんですけど、
その後にショー自身の後書きみたいな物があって、
イライザはフレディと結婚、
花屋を開くんですが、資金はヒギンズ&大佐持ち。
最初は順調でもやがて行き詰まり、
イライザとフレディは学校へ入り直し。
でも結局花屋としては何の役にも立たず、中退。
ふたたびピッカリング大佐持ちのお金で花屋を開く。
ある程度、人に任せてまあ何とか軌道に。
ヒギンズは、イライザに何か言うと
また反撃されるので、あんまり言わないそうで、
そのかわりイライザはお金を出してもらってるぶん、
今でもヒギンズ教授の身の回りの手配をやっている、
というすごいことに…。

イライザはヒギンズ教授とそのお母さんとの関係が深すぎて
そこに入り込めない、ということで
言うことをきかされるヒギンズ教授(愛してるけど愛されない)ではなく、
言うことをきいてくれるフレディ(愛してないけど愛される)にしたそうです。
まー、なんて夢も希望もないラストなんでしょうか。
でもこれバーナード・ショー翁自身がそう書いてるからそうなんですよね。
なんかちょっと原作では、親離れできない息子の話なのねー、みたいな。
映画ではヒギンズ教授がお母さんの所に泣きつくシーンでの
教授のお母さん、ミセス・ヒギンズの反応も意外。というか不思議。
昔は何気なく見てましたけど、
これだけ嫁・姑の関係が言われる中で、
あれだけ息子が言われてて、最後にお母さんが“イライザ、お見事!”
なんて言ってくれるかなーって。
ま、もっともここはまだ嫁・姑ではありませんけども。
原作で匂わされてる物とはえらい違いです。
海外って母と息子ってこんなもの?などと
子離れ出来ない母と、親離れ出来ない息子のうじゃうじゃいる日本を考えた時、
最近見る度ごとに思うのでありました(笑)。

で、映画ではイライザは、ヒギンズの気持ちと自分の立場をはっきりさせるために
ヒギンズ夫人の家でヒギンズ教授と対決しますね。
これはヒギンズ教授の家に来た頃の言われるがままのイライザでもない、
“私はどうすればいいの!”って自我は目覚めたけれど、
まだ自分が何をすればいいかわからないイライザでもない。
家出したあとの、“自分のことは自分で決めれる!”イライザですよね!
こう考えると、家出はイライザにとっての必然だったということで。
典型的な60年代の“自分で動く”オードリーですよね。
これが50年代のオードリーなら、きっと最後まで
“相手に何とかしてもらおう”っていう態度ですもんね。
やっぱりこのイライザ、強いじゃないですか〜!

だからよく考えると、
今までのオードリーの作品でずっと描いていた
“変身しました、そしたら恋も手に入りました。めでたしめでたし”
ではなく、“変身はしたけれど…”って、
恋を成就するまでに、もう1ステップ踏んでるんですね。
微妙ですけど、オードリーにしてはちょっと新しいですね。
ちょっと変身のあとが入ってる。しかも、その恋の成就のためには自分で動いてます。
華やかなコスチューム・プレイでくるんだおとぎ話なんだけど、
50年代の「麗しのサブリナ」よりももっとリアリティがあるんですよね。
“待ってても白馬に乗った王子様は来ないよ!”ってね。
この“その後の部分”がもっと発展すると「いつも2人で」という傑作になるという…。
それまでの集大成でありながら、
次のオードリーの段階の先駆けでもあるわけですね。
もちろん、こうやってオードリー作品が出揃ってからの後付けの解釈ですけれども。

色々あった「マイ・フェア・レディ」ですけど、
間違いなく、作品は素晴らしい!のですから、
アメリカだけでなく、日本でも、今こそこの作品でのオードリーの存在の凄さ、
オードリーだからこそ加えられたエッセンスを見直して欲しい作品です!
オードリーが心安らかにこの作品を思えることを願ってやみません。

2004年4月12日 改訂2004年7月10日
関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/72-ce1f53c2

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。