リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1085位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「素敵じゃない?」

さて、やっと作品の話に移れます(笑)。

この映画でのオードリーがどんなに全力投球かってことは、
“花売り娘の扮装の時に爪まで汚した”とかって逸話でも
ちょっと知れるんですが、
僕は「踊り明かそう」でのシーン、
ベッドに一度入ったイライザが
メイドさんが部屋を出て行った後にまた起き上がって歌い出すトコロ、
照明が暗くなるのでハッキリわかるんですが、
オードリーの目の下にくっきりとスジが!(シワとは違います)
なんとやつれてるんでしょうか!
全力投球すると、体重が必ず減るというオードリー、
“本当に、頑張ってるんだねー、ウンウン!”って思います。

それと、最初の頃のお下品なオードリーの発声(発音ではなく)!
それまでのどの作品でも出したことがないような
ヘンな声をバンバン出してます。
だいたい「今に見てろ」ぐらいまで続きますかねー、この発声。
「スペインの雨」以降は普通のオードリーの発声に戻ってます。

ま、イライザ、徐々には綺麗になっているんですが、
それが、アスコット競馬場のシーンで一気に花が開きますよね。
アスコットでの初登場シーンにはまさに息をのまされます!
あの競馬場のシーンには、結構綺麗なお姉さんたち
(衣装のセシル・ビートンが、それらの衣装を着こなせなければならない!という、
かなりキビシイ面接もあった凄いモデル達らしい)
がいるのですが、その彼女たちをも霞ませてしまうほどの圧倒的な魅力!
これはすごいです!
オードリー初期の「麗しのサブリナ」でも、
パーティに来たサブリナを見てみんながその美しさに目を見張るという
シーンがありますけれども、
正直僕が思うに、そこよりもすごいです!!
「麗しのサブリナ」ではほかのお姉さんがたも美しいままなんですけど、
「マイ・フェア・レディ」では本当にオードリーだけが際立ちます!
さすがその美しさの頂点にいる時期のオードリー!
これは本当に目を見張らされます!
周りの男どもはオードリーを振り向くシーンこそありませんけれども、
こんなに綺麗な女性がいたら、普通は振り向くって(笑)!
「マイ・フェア・レディ」のイメージそのものになってしまうほど、
衣装、帽子、髪型(色々試したらしい)、メイク、そしてオードリー自身
…完璧です!!だから、大使館でのオードリーの方が、高貴ではあるんですけど、
なんかきれいに見えなかったりして(笑)。
(ま、僕は前髪を下ろしたオードリーの方が好きなんですけどもね)

あと、家出のシーンのオレンジのアンサンブルや、最後のピンクの衣装も綺麗ですねー!
まさにオードリーありきの衣装デザイン!
舞台版もセシル・ビートンが衣装デザインしたそうですけど、
映画版にあたって1からオードリーに合わせて新しく全部デザインし直したそうです。
まさにオードリーのための衣装の数々だったんですよねー。
完璧なはずです!
でも、セシル・ビートンのスケッチって、
“これって本当に人間に着せるのか?”ってな感じなんですけど、
オードリーは見事にデザインを崩さずに着こなしてますよね。
セシル・ビートンがいたくオードリーを気に入って、
監督と衝突してまで「マイ・フェア・レディ」での衣装の数々を着た
オードリーの写真を撮りたい気持ち、わかります。

まだ続く…

2004年4月9日 改訂2004年7月10日 再改訂2014年4月24日
関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/71-becc2607

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。