リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
30位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、いよいよオードリーが演じたかった
レイチェルの話にもなっていくのですが、
ベンがカウボーイ達と街へ行っている時に
カイオワ族が攻めてくるんです!
ベンが残して行ったはずの見張りの2人のカウボーイもいません
(後にカイオワに殺されたと判明)。

その時、母マティルダの体調が急激に悪くなります。
たまたま薬草の心得のあるジョージアが家に来ていました。
もちろん全員で応戦。
映画と違って、百発百中では全然なく、
一旦カイオワは引き上げるものの、
引き上げる理由が“馬が疲れているから”とか
そういう理由なんです。

ザカリー家は警戒のため、病気で寝ているマティルダ以外は
ほとんど眠れないという状況が続き、
キャシアスはジョージアをその停戦中に
ローリングス家に送り届けます。
ところが、ザカリー家への帰り道、
キャシアスはカイオワに襲われます!
馬を撃たれ、背中を射られ、馬が倒れる際に片足を潰されます。

死にそうになりながらも、点々とついてしまう背中の
血の痕を利用して、カイオワの裏の裏をかき、
あの手この手でカイオワ軍団のうちなんとか4人倒すキャシアス。
弾丸もなくなった最後は死んだふりをし、
頭の皮を剥がれる時にくるっと体を回して
もうひとりナイフで仕留めますが、
次の瞬間四方八方から切り刻まれ突き刺されて絶命します。

家族を守るために必死で戦うキャッシュ!
なんてカッコイイんだっ!!(泣)
映画のジョージアといちゃいちゃして
家族を残しているキャッシュとはまるで違います。

いよいよカイオワはレイチェルとアンディ
(そして病気で瀕死のマティルダ)だけの
ザカリー家へ攻めて来ます。そう!ベンはいないのです!
すべてレイチェルとアンディだけでやっていくのです!!
映画みたいに槍を投げたり、なんて悠長なことはしてくれません。
銃弾が雨あられと撃ち込まれるんです!!

こちらの銃も全然必中じゃあありません。
ちょっとの場所の違いで殺されたかもしれない
レイチェルとアンディのことも書かれています。
そう、カイオワはもうレイチェルが死のうがどうなろうが
かまわないようです。
もし生きてカイオワに捕まったら、
生かしてはおいてくれるかもしれませんが、
レイチェルの希望なんて聞いてはくれないでしょう。

そしてとうとう逝ってしまったマティルダを前に、
レイチェルは心に誓うんです。
“決してお母さまの美しいお髪を取って行かせませんからね!”
たった2人で守るアンディとレイチェル。
2人はそれぞれ3つも4つもの銃眼を守らなければならなく
なりますが、とうとうアンディも腕の根元を撃たれ、
レイチェルは36時間、ほとんど寝ていない状態でありながら、
たった1人でカイオワ族と対決することとなります。

じっと待つレイチェル。そこで聞こえて来る床下からの物音…。
カイオワは穴蔵から侵入してこようとしている!!
そして少しづつ少しづつ持ち上がる床板…!!!

そうしてすべて終わってからベン(と残りのカウボーイ達)が
帰って来て、銃や家畜によって破壊され尽くした家の有り様を
発見するのです。
ベンは映画のキャッシュのように助けに入ったわけでもないんです。
もうほんとに何もかも終わった後。
累々と広がる死体と血だまりの中の静けさで生きているのは
放心状態のレイチェルと、熱に浮かされうわ言を言うアンディだけ。

後にアンディはベンに言います。
「姉さんは自分の命のために戦ったんじゃない。
俺達の為に戦ったんだ!」

というわけで、原作では最後はレイチェルのための西部劇に
集束していきます。
そう、これこそがオードリーの演じたかったレイチェルなんです!
この原作のままだったら、レイチェルは
“「許されざる者」という設定のお飾り”ではなく、
コメディではない作品では極めて珍しい
“女性が主人公として活躍する西部劇”という中での
ヒロインになっていたことでしょう。

ではいったいどうしてこのような改変がなされたのでしょうか?
これは制作のヘクト=ランカスタープロダクションのせいかと
僕には思われます。
名前の通り、これはベンを演じたバート・ランカスターの
プロダクションでもあります。
このプロダクションはこの時期、「ヴェラクルス」「マーティ」
「空中ブランコ」と次々と名作を世に送りだしており、
波に乗っていました。

ただ、この作品「許されざる者」では最後の戦いで、
その場に居ないランカスターにするわけにもいかず、
また次男キャッシュが当時英雄視されていた
オーディ・マーフィーになったことでさらに見せ場を
作らなければならなくなり…と脚本を作って行くと、
当然削られるのはレイチェルが1人で戦う場面で、
そのためこんな人形のような存在のレイチェルに
なってしまったのでしょう。

そこでレイチェルにも重い意味を持たせるため、
最後に撃ち殺すのを兄にしたり、また製作されたこの1959年頃、
ネイティブ・アメリカンにも配慮して平和的なカイオワ族にしたため、妙に後味の悪い、原作とは別物の「許されざる者」が
出来上がっていったと思われます。

ジョン・ヒューストン監督が「仰々しい」、
リリアン・ギッシュが「もっとオードリーを活かせたはずだ」
と言ったというのは、原作との差異が著しい
この脚本に大きな原因があったようで、
オードリーファンの僕としては、
原作のように活躍するレイチェルが見てみたかったです。

そうすれば現在の評価はどうなっていただろうと
つい思ってしまいます。
おそらく「尼僧物語」に匹敵するような第二期オードリーの
代表作になったかも!なんて思ってしまうんです。
アカデミー賞だって手中に収められるくらいの!
名作に成り損ねた名作、というのが
この「許されざる者」に与えられる評価なのかな~、という…。

「許されざる者」撮影中、次にオードリーはヒッチコックの
「判事に保釈なし」に出演の予定でした。
この決して作られることのなかった幻の映画のお話は
いずれまたどこかで…。

そしていよいよ!役柄の特異さは無くても、
“オードリー・ヘプバーン”という個性が際立つ、
華麗なる第3期の幕開け=「ティファニーで朝食を」に
オードリーはエンジン全開で入っていくのです!

関連記事

コメント

確かに原作凄そうですね。読んでみたい!
スター男優が主演でしかもプロデューサーも兼ねてるわけだから、
原作通りのレイチェル物語にはできなかったのは必然でしょうね。
でもこの作品のオードリィ、僕はかなり好きです。
なんといっても顔がいい。

人種差別の映画ではなく、それを問いかけてる映画っていうのにも賛成です。
問いかけはじめてる頃の作品というのがより正確でしょうが、当時確かに異色の作品だったんでしょうね。

しかし元の設定におけるカイオワ族ってえげつなさ過ぎて凄まじいようですね。
白人のほうが侵略者なのに、用心に用心を重ねて不安と恐怖にさいなまれるって皮肉な状況ですよね。
今では絶対にそんな視点では描けないでしょう。

双葉さんは、採点では70点と普通でしたが、
最近刊行された年毎のベストテン集では、
この年のベストテン(10位)に選出されてました。
双葉さんも筋書きが曲がっているようだと当時から指摘されていましたが、
ジョン・サクソン(燃えよドラゴンが懐かしい)が途中から忽然と姿を消してしまうのはやっぱり不思議だったようです。
で、実はエイブ老人の息子が彼だったのでは・・・
でもプライドの高いランカスターが自分より目立ってしまうのを危惧して脚本を改変させたのでは・・・
という推理をされていました。

いろいろと不運だった作品かもしれませんが、
なんだか妙に魅力のある好きな作品でもあります。

まるさん!こちらへもありがとうございます!(^-^

原作は本当に凄い&凄まじいです!
本当に面白くって…!

妙にでもこの「許されざる者」は人気がありますよね。
(特に男性から)

ネイティブ・アメリカンの問題も、原作者は“全部悪い!”
って観点ではなかったです。他の部族の話も最後の方に
出てくるのですが、“穏やかな~族”みたいな書き方
をしてたと思います。
カイオワが“一番たちが悪い”という設定でした。
今では書けない視点なのかもしれませんが、
きっとこれもまた真実だったのかな、と。

確か双葉さんのベスト10は1961年のスクリーンで
選んでいたそのままだったと思います。
点数ではこれだけど、でも好みは…
っていう双葉さんの選び方が嬉しいですね!(^-^
逆の選び方で淀川長治さんは1964年度に
「シャレード」を落としてらっしゃいました…。(- -;

また本当に機会があれば、「許されざる者」の原作、
読んでみてくださいねーっ!絶対オススメですっ!

オードリィが単身闘うという役柄は、
後年「暗くなるまで待って」で実現しますね。
あれは、絶対不利な状況でもひとつ条件が加われば、
うってつけの環境に変わりうるという絶妙なアイディアでした。
あの緊迫感のなかで演技できたんだから彼女も本望だったでしょう。

「許されざる者」も、自分が愛する者が
死ぬほど憎んでいる者と同類であるとわかったとき、
いったいどうすればいいのかという超劇的な話なんですね。
緊迫した選択は、「噂の二人」にも通じるかも。

映画版は、そこに長男とレイチェルの愛
(近親相姦っぽい親密さが伏線として張られいる)
が主軸となっていて、それはそれで興味深いのですが、
原作ではそのへんどうなっているのでしょう?
妹でないから公然と愛せるようになったよという結末は、
ちょっとご都合主義のような気もします。

でも面白かったですよね~。

で、質問その2です。
掲示板にオードリィのかつらの話が載っていましたが、
この「許されざる者」もそうなんですか~!?
「緑の館」はそうだろなと思っていましたが・・・

しっかし
「ローマの休日」も「いつも2人で」も
実に実に自然なかつらですよね。
ホント、全くわからない。
記述を読まなかったら確信できなかったよぉ。

オードリィは順撮りを希望する女優さんですが、
いくらなんでも「いつも2人で」は違うだろうなと思っていました。
しかしかつらの件で、ひょとしたらコレも可能性ありかもと・・・

「暗くなるまで待って」、たしかにそうですね。「許されざる者」でレイチェルだけで戦ったら、こうなったかも、みたいな。

原作でのレイチェルとベンですが、やはりレイチェルはもともとベンを愛しているようです。
チャーリーとの婚約の話なんて原作には出てきませんし。
ベンの方は微妙で、最後は“彼女の高みにまで自分が追いつけますように…”と祈っています。妹から、畏敬の念を抱く存在に変わっているようです。

「許されざる者」のオードリーは、間違いなくカツラですねー(笑)。
「緑の館」のあと、あまり間をあけずに「許されざる者」の撮影に入ってますので、そんなに短期間では髪の毛は伸びないと思います。
おそらく、くくっている部分から後ろがつけ毛(エクステンション)じゃないかと。

まあでも確かにこの時期オードリーは毛を伸ばしていましたから、ショーンを産む頃にはすっかりロングヘアになって、「ティファニーで朝食を」からは地毛でいけたんだと思います。

「いつも2人で」のカツラは、どれがカツラで、どれが地毛かがわかりません。1度目と2度目のロングはカツラで間違いないでしょうけど、3度目のくしゃくしゃヘアと、5度目のおかっぱ風はどうなんでしょうね。
6度目の現在の「おしゃれ泥棒」風は間違いなく地毛でしょうけど…。
まあ、5度目のおかっぱもカチューシャしてますし、カツラなんでしょうね。

「いつも2人で」の順撮りの話は、6/22に発表するエッセイで取り上げてたんですよ。(^^;
まるさんにはいつも僕の先にかかれちゃいますね(笑)。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/7-e0be1e44

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。