リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
47位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「シャレード」について。

「シャレード」でのオードリーの演じるレジー役は
はっきり言って天然ボケの役です。
ユネスコで通訳として働けるくらいですし、
いったん辞めた職場にあっさり復帰していることからしても
決しておバカではないと思うのですけど、
天然入っているのはいかんともしがたい(笑)。

それにこのレジー、全然動じない人ですねー(笑)。
死体置き場で殺された夫チャーリーの確認をしてる時も、
“寒いわ”の一言で済ましてますし、
一度襲われたスコビーに次に会っても平気な顔。
普通の女性なら次に会ったらビクビクしてますよね。
ケーリー・グラントの影に隠れるとか。
でもレジーは平気。
こんなキャラ、大好きです(笑)!

このレジー以外のオードリーの役は、みんな考える女性なんですね。
「噂の二人」のカレンや「尼僧物語」のシスター・ルークほど
ものすごい苦悩するわけでなくても、
「ティファニーで朝食を」のホリーだって、
一応自分の考えは持っている。
でもこのレジーだけは、なーんにも考えてなさそう。
悩みがある時はめちゃめちゃ空腹で、
悩みが無くなった途端“お腹いっぱい!”
お気楽でいいですねー(笑)。
レジーがこの映画で考えることったら、
ケーリー・グラントに奥さんがいるかってことだけ。
のー天気レジーですね。

この映画、最初のシーンで、明らかに大人の手だと思われる長い手で
レジーをピストルで狙ってますね。
で、水鉄砲ピュー!って撃った時になると、
子供のジャン=ルイが撃ってたことになってる。
あれ?さっきの大人は?みたいな(笑)。

それに後にジャン=ルイがケーリー・グラントに水鉄砲をお見舞いする時は
振り向く前は前髪が見えているのに、
くるっ!て振り向いたら前髪ありませんがな!!
しかもレジーとお母さんのシルビーが全然驚いた様子してないんですよねー。
これはいったいどーゆーこと!?なんて思ってましたが、
友人のカリンさんがすごい解決法を編み出してくれました。
“ジャン=ルイの前髪はつけ毛だった!”(爆)。
付け毛はお母さんが冷静に拾って行ったそうです(笑)。

さてさて、この作品、ロマンティック・コメディでありながら
サスペンスであり、推理物であるという複合技になってるんですよね〜。
だから犯人をよめたとしても、全然飽きないです。
ということは再見にも十分耐えられるということで、
これはなかなか凄いことですよ!
そういう何度でも見たくなる魅力をもった稀有な作品だということで、
この作品の底力を感じます。
さすがオードリーの代表作の1本ですよね!

昔、フジテレビ系のゴールデン洋画劇場で1度放映した作品の
アンコール上映の投票というのがありましたけど、
この「シャレード」は堂々第5位に入ってました。
もちろん日本でも大ヒットで、63年の初公開以降も
68年・73年・86年と4回も公開されてます。
これは「ローマの休日」7回、「マイ・フェア・レディ」6回、
「戦争と平和」5回に次いで、「暗くなるまで待って」と並ぶ
オードリー作品としてのリバイバルの多さです。
それだけ愛されているんですよねー。(^-^

(追記:その後「シャレード」は2011年と今年2014年にもリバイバルがあり、
オードリー作品では単独第3位のリバイバルの多さになっています。)

さて、その魅力のひとつにウィットに富んだ会話とシチュエーションが挙げられます。
スキー場ではケーリー・グラントの“どこが見たいの?”と質問されると
“あなたの隠してるところ”。
警察に初めて行った時に警部に“タバコ吸ってもいいですかな?”って聞かれたら、
“やめてください”。自分は吸う人間のくせに〜(笑)。
あとでまた警部が吸いそうになって、レジーに真ん丸目玉でとがめられますよね。
それに夫チャーリーの事を尋ねられると、
すべて“わかりません(I don't know)”の一点張り。
で、警部が“そんなんじゃお話になりませんな!”ってキレると
“(お気持ち)わかります(I know)”。
他にもスパイとエージェントのやりとりや、
高級タバコに立続けに火を点けてしまったり、
といっぱいいっぱい見どころがあります。
ケーリー・グラントが自分の部屋に来てくれないので、
“アア〜〜〜〜ッッッ!”って大声あげて
あわててケーリー・グラントが飛び込んでくると
“捕まえた!カッカッ!”って笑う所も、なんなんでしょう、このオードリー。(^^;;;
現在市販されている字幕はもうひとつなので、
その面白さが充分伝わらないのが残念です…。

他にも、ケーリー・グラントを追跡しようとすると、
すぐ前にケーリー・グラントがまだ居て、慌ててくるっと引き返す所や、
何度訂正されても“エージェントを”ずっと“スパイ”って言ってたのに、
ウォルター・マッソーに“女は名スパイなんでしょ。”
と言われると“エージェントよ”って言う所など。
悩み事があると大食いになるという設定も面白いです。

監督は「パリの恋人」「いつも2人で」のスタンリー・ドーネン。
さすが!オードリーの使い方が上手です。
「パリの恋人」ではオードリーのミュージカルの才能と
モデル的な感覚を引き出し、目にも鮮やかな映像美と合体。
「いつも2人で」ではオードリーの“素”の部分を引き出し、
“その後のオードリー”をやらせちゃった。

で、この「シャレード」ではオードリーの性格とまるっきり反対の役で、
それでいてオードリーでなければ!という所まで持って行った。
オードリームード満開ですよね!
おそらく脚本ではレジーナの性格づけがあんまりなされてないんじゃないかと思うのですが、
仕上がった作品では細かいオードリーの動きや表情と相まって、
充分レジーのキャラクターが立っています。
これぞドーネン&オードリーの化学反応ですね!

「モンテカルロへ行こう」では子供もいる役でしたけど、
主演になってからで、夫がいる(いた)という役も初めて。
この軽快さ、面白さ、洗練、どうです!?

「シャレード」に関しては、海外旅行のお話で書き漏らしたことがあります。
ドイツの学生の街、ハイデルベルグへ行った時の事。
友人と3人で晩御飯を食べにレストランへ行きました。
お腹もいっぱいになって、会計をしてもらおうと、
同じオーケストラ仲間の女の子に借りて来ていた
ドイツ語の会話集に書いてあったままに友人が若いウエイターに
“お勘定をお願いします。”の意味で言いました。
“フロイライン、ツァーレンビッテ!”
そのウエイターは変な顔をしながら“ツァーレンビッテ?”
と聞き直しました。
僕以外の友人二人はそのまま平然としていたのですが、
僕はそのウエイターの顔が気になって、
“フロイライン、ツァーレンビッテ!”について考えていました。
“なんでフロイラインをはずして聞き直したんだろう…
フロイライン、フロイライン…なんか聞いたことあるぞ。”
そこで僕は思い出したのです!
「シャレード」の中で、オードリーがケーリー・グラントを尾行する際、
ケーリー・グラントが立ち止まる度に街角のカフェテラスに座るオードリーを
追い掛けるかわいそうなオジサン!
“金魚のフンみたいについて来ないで!”なんてオードリーに言われてましたけど、
追っかける時に“フロイライン!”って叫んでるんです。
字幕は“お嬢さん”!!!
…これって男の子に向かって“お嬢さん!”って呼び掛けてたんですよね。
そりゃ変な顔するわけです(笑)。
友達に話して爆笑してました。
しかしこのオジサン、可哀想ですね〜。
オードリーから誘ったような状況なのに、なんて冷たいあしらわれ方(爆)!

2003年9月16日 改訂2004年1月13日 追記2014.1.30

コメント

わ~い「シャレード」!
劇場で観たことがなかったので今年のリバイバルが本当に楽しみです(*^^*)
「モンテカルロへ行こう」は未見でした。なんとDVD出てるんですねぇ。

確かに劇場で見れるって嬉しいですよね!
前回の“午前十時の映画祭”ではニュープリントフィルムと言いつつあまりいい状態ではなかったので、今回のデジタル上映に期待しています!(^-^
「モンテカルロへ行こう」はオードリーが子持ちの映画スターという珍しい役どころなので、もし見れるようでしたら見てみてください。あ、でも出番は少ないですよ。(^^;

昨日、午前10時の映画祭で「シャレード」観てきました!!
やっぱりこのサスペンスロマンティック(?)コメディは面白いですよね!セリフのやり取りも動きもテンポ良くて面白いし、オードリーは可愛いし♡ 警部の煙草をとがめる目つきとか最高ですw
ケーリー・グラントを尾行中の時のおじさんホントかわいそ(笑)

おおっ!reisiaさん、「シャレード」ご覧になったのですね!
今回、僕は行けなかったんですよ〜↓
友人を誘ったのですが、断られてしまって…。
今回は初のデジタル上映でしたが、画質はいかがでしたか?
ユニバーサルが出している、本家のDVDのように、鮮明で綺麗でしたでしょうか?

「シャレード」って、本当にオードリーのキュートな魅力が溢れている、めっちゃいい作品だと思います。さすがオードリーの魅力を引き出すスタンリー・ドーネン監督ですね!(^-^

なんと!それは残念でした(><)
画質は特に気にせずだったのですが、なんの違和感もなく観ていたので綺麗だったのだと思います!(^。^)DVDは持っていないのでわからないのですが^^;

直後に母と合流してもう一本映画を観たのですが、いつもオードリーに興味がない母も「シャレード」は面白い話だよね、と言っておりましたw(興味がないとはいえ一応観ているらしい)
今回劇場で観られて本当に良かったです♡みつおさんのお陰です^^ありがとうございます!
お祝いのメッセージもありがとうございました(*^o^*)

reisiaさん、こんばんは。

ということは「シャレード」はお一人で見てらしたのですか?
お客さんの入りはどうだったでしょうか…。

それと、オードリーに興味が無い人には、なかなかオードリーの話をするのはツラいのですが、お母様も「シャレード」は気に入ってくださってるんですね!(^-^
「シャレード」は本当にオードリーらしい、良い作品だと思います。

でも本当に「ティファニーで朝食を」「シャレード」「マイ・フェア・レディ」とこの時期のオードリーは代表作を連発してたんですね!

はい、オードリーのリバイバルはいつも一人で行きます。他の映画も単館上映なんかは一人でパパッと行っちゃいますよ。
お客さんの入りは、うーん、20人位・・ですかね。朝10時だし・・^^;若い人も居たけどやっぱり高齢の方が多く、一人でいらしてる男性もちらほら。私は3日だったのですけど、もしかしたら4日はもっと
多かったかもしれないですよね~!

実はまだ未見の「戦争と平和」がこの間スカパーでやっていたので録画しました。やっと観られます♪

あ〜、僕も今までの午前十時の映画祭って、年配の方の男性お一人ってのが多かったように思います。女性は2人以上な感じで。
これって男性の方は、恥ずかしいから1人なのでしょうかね?
あるいは奥さんはオードリーに興味ないとか。(^^;;;

「シャレード」もいいんですが、やっぱり第二回・第三回でも上映してたので、観客数が減ってるのかもしれません。
やっぱり同じのばかり上映するのは考えものだなーとかって思います。

それとreisiaさん、「戦争と平和」ですか!
ちょっと長いので、覚悟してみてみてくださいです。(^^;

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/68-6f4185ff

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。