リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
30位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「」は映画・テレビ作品、『』は舞台作品、《》はCMです。

 「ロビンとマリアン」は「パリの恋人」で、「いつも2人で」「パリで一緒に」住んでいました。

 ある日二人は「モンテカルロへ行こう」!とダイハツ中古車の「シャレード」に乗って「世界の庭園紀行」に出発しました。

 オランダでは「オランダの7つの教訓」を聞き、日本では映画館で“「オールウェイズ」3丁目の夕日”を観に行きました。
 ローマでは「ローマの休日」の日に「緑の館」で、 マリアンは「暗くなるまで待って」と言ったのにロビンは待たず、「昼下りの情事」をしてしまいました。

 しかしロビンは実は悪い奴で、「ラベンダー・ヒル・モブ(一味)」という泥棒の首領でした。

 そしてニューヨークへひとりで行き、財産目当てで「華麗なる相続人」で「素晴らしき遺産」を持つサブリナに、“「麗しのサブリナ」「マイ・フェア・レディ」、君は僕をとりこにする『オンディーヌ(水の精)』のようだ!”と言ってくどき落としました。

 やがてふたりは「ニューヨークの恋人たち」として「若妻たちの物語」で有名になり、「噂の二人」になってしまいました。

 このうわさはパリにいるマリアンの耳にも届き、カンカンに怒ったので、パリとニューヨークではまるで「戦争と平和」のような違いです。

 ロビンとサブリナはニューヨークで『辛いソース』や『タルタルソース』をつけながら「ティファニーで朝食を」食べて、優雅に暮らしていました。

 あるとき、「ラベンダー・ヒル一味」は《ヴァリーエ》のかつらをかぶって変装し、『ボタン付きの高い靴』を「おしゃれ泥棒」してうまくいったので、《銀座リザ》の洋服を「おしゃれ泥棒2」しようとしたら警察に捕まり、「許されざる者」になってしまいました。

 そしてそのままロビンは『ジジ』イになってしまいましたとさ。

 パリに残されたマリアンはその後、“ロビンは私の「初恋」だけど、「うたかたの恋」。「若気のいたり」だったのだわ”と悟りをひらいて修道院に入りました。

 とても献身的に働いたので、のちに「尼僧物語」として知られることになったのです。
 ちゃんちゃん。

 …これは、僕が子供の頃に「スクリーン」に投稿して載せてもらったものに、その後の作品や未公開・舞台作品を追加して作った物です。

 「スクリーン」に載った時、嬉しくて母親に見せましたけど、ちょっと「昼下りの情事」のくだりは恥ずかしかったなあ(笑)。

 「スクリーン」では、“すごい!きっと時間かかったでしょう!?”的なコメントを書いてもらいましたが、実はもともと5分くらいでさっと出来たものだったんです。(^^;;;

 でも、以前あった“みつおとオードリーのお話”で手を加え、今回さらに手を加えたんですけど、後になればなるほど時間がかかって、昔のほうがひらめきがあったんだねー、って年を実感(笑)。
関連記事

コメント

ひのもといち

座布団3枚!!(^0^)
さすが日本一のオードリーファンですね。
「ひのもといち」
ジジの証明。v-87

オードリーファンクラブ会長のむらさきいもさんに座布団3枚もいただけると、かなり照れますが、嬉しいです。(^^;;;
でも、きっとグッズではもっと持ってらっしゃる方はいるでしょうし、何をもって日本一かは難しいですよね。

本当に全作品を…とも思いましたが、初期のゲスト的なテレビ出演とかが色々あって収拾がつかないので、やめました。

「ひのもといち」…なにか最初わからなかったんですが、日本一のことなんですね。(^^;

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。