リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
47位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は、オードリー・ヘップバーンが「ローマの休日」で着ていたフレアースカート(サーキュラースカート)の本当の色について。

T153.jpg


 「ローマの休日」はご存知のように白黒映画なので、色が付いてないんですよねー。

 当時はまだカラー映画が莫大なコストがかかるらしく、ウィリアム・ワイラー監督はカラーで撮りたかったけれども、断念したようです。

 で、疑問に思う方もいらっしゃるんじゃないかと思うんですよね。あのスカートの色は?って。

 他のモノクロのオードリー作品、「麗しのサブリナ」や「昼下りの情事」にはそれなりにカラーの宣伝写真が残されていて、どんな衣装だったかわかるんですけれども、「ローマの休日」のカラー写真ってのはほとんど残されてないんですよね、残念ながら。

 で「ローマの休日」の写真をカラーで着色する場合、どんな色にするか、っていう問題が発生するんですよね。
 参考になるカラー写真が見当たらないんで、みなさん色々考えて着色してきたようです。

 1963年リバイバル時のプレスや立看などでは濁ったオレンジのような色で塗られていますし、オレンジってのも結構多いんですよね。

VFSH0686.jpg


 でも一番多いのは水色!同じく63年リバイバルでも、ポスターでは水色っぽい色で着色されていました。
 80年代に発売されたジグソーパズルの着色も、確か水色だったと思います。
 その後の1998年からの大地真央の舞台や2000年頃の午後の紅茶のCM、最近ではソフトバンクの上戸彩や、プーリップの人形、秋元才加の舞台などでも水色が採用されています。

 なので、水色が本当の色だった、と思い込んでいる人もいるんじゃないでしょうか。

 でも実際の色は実は違います!

SBSH1870.jpg


 まずはよく雑誌“スクリーン”で掲載されている「ローマの休日」の貴重な本当のカラー画像!これは“スクリーン”発行の写真集でよく再掲されていますので、簡単に見ることができるんですが、薄い茶色、というか濃いベージュであることがわかります。

 もっと決定的なのは2000年に日本でも行われたオードリー展!
 この時には、なんと本物が展示されていました!
 それに展示会で売っていて、そののち本としても出版された図録にも画像が掲載されて残っています。

SBSH1869.jpg


 この衣装、本当は上着も準備されていたんですね。
 ま、確かに最初は上着を着て抜け出して、徐々に上着を脱いだり、襟を開けたり、袖をめくっていったり…でも良かったでしょうね。
 おそらくイディス・ヘッドもそういうつもりでデザインしたんでしょうしね。

 でも、上着があると、常にそれを持って移動しないといけないってことになるので、ジャマということで上着は映画では採用されなかったんでしょうね。

 見た目の爽やかさで水色の着色が採用され、その後それが慣例化したんでしょうが、もし「ローマの休日」が今後カラー化されることがあれば、水色ではなく、本当のスカートの色である薄い茶色で着色してほしいと思うのです。


関連記事

コメント

意外とシックですね

おお、これが実物ですか!初めてカラーで見ました。
このスカート、他のオードリーファンの方のブログでも
「展覧会で見たら、ベージュ色だった」と書かれてあった
んですが、一口にベージュといっても薄い・濃いいろいろ
ありますから、実際の色を自分の目で確かめてみたかった
んですよ。写真を載せてくださって有り難うございます!

ちなみによくあるブルーやオレンジ以外ですと、絵画や映画
の人物になりきる作品を発表している現代美術家の森村泰昌
氏は、ピンクを採用されています。
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/lounge/back/020831/index.html
以前テレビ番組で
「王女様だからそこいらの町娘の格好とは違う、華やかな色
のはずだ」とイメージされたとお話されていました。
もっとも上のページでもピンクのTシャツをお召しになって
いますから、もともとご自身が好きな色だったというのも
あるかもしれませんが(笑)。

実際は意外と地味なんですね。ただ、いくら王女の服装
とはいえ、第二次世界大戦後わずか8年という時代背景を
考えると、ブルーやオレンジやピンクといった鮮やかな色
よりは、この色合いが最もしっくり来るようにも思えてきます。

通りすがりさん、初めまして!

そうなんです。「ローマの休日」のスカートって、こんな色だったんです。
ベージュでもフレンチベージュ、と言う色なんですかね?

まあ、街にお忍びで出るには無難な色ですよね。
水色やオレンジではめっちゃ目立つでしょうし。

森村泰昌氏のページも見せていただきました。
ピンク、というのは昔僕もそうかも、って思ってました。(^^;
というのも、雑誌“スクリーン”での印刷で、ピンク寄りに
色が転んでたこともあったので。
ピンク自体、オードリーに似合う色でもありますしね。
でもやっぱり僕自身が好きな色でもありますし、
やっぱり自分の好みの色、ってのが出るんでしょうね(笑)。

なので、各人が持つイメージは何色でもいいんですけど、
本当ではない別の色に着色すると、結果的には
その人のイマジネーションの押し付け、になってしまうので、
やっぱり公式の「ローマの休日」デジタルカラー化の際は、
本当にオードリーが着た、見ていた色で。っていうのが希望なんです。

2000年のオードリー展では上着まであるのがわかりましたので、
スーツで水色やピンクだったら、とてもお忍びはムリですよね(笑)。
これはアン王女が“目立たない格好で街に行くには…。”と
考えた後の、賢明な選択だったということですよね。

結構「ローマの休日」のこのスカートの色が何か、
って思う人がいるようなので(僕も昔思ってました)、
この記事を書いたんですけど、
通りすがりさんのお役に立ててよかったです。(^-^

続報

お答え有り難うございます。
若き日(おそらくローマの休日の頃)のオードリーをフルCGで蘇らせたチョコレートのCMを見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=vTMFR3B4Rbw

髪は少し長めですが、服装はまさにローマの休日そのもの、ブラウスもスカートも上のオードリー展の図録に近い色合いで、無地でなく細かい水玉模様なのが違うくらいです。おそらく、実物を基にして色を決めたんでしょうね。
こうして見ると、おっしゃる通り街中でも変に浮かず、お忍びでの外出というシチュエーションにも合っていますね。

オードリーファンからは「彼女のウエストはこんなに太くない!」との声も出ているようですが(笑)、みつおさんのご希望通りの実物の色を再現した映像があったということで、書き込ませて頂きました。

通りすがりさん、またまたコメントありがとうございます!
このCMは知っていましたが、
おっしゃる通り、これって「ローマの休日」の街着をアレンジした物ですよね!
僕は深く元の衣装を考えてませんでした。(^^;;;

顔と髪はおそらく「パリの恋人」のオードリーだと思います。

今回のCMは息子のショーンとルーカの許可が必要だったでしょうから、おそらく完成の前に見せていると思います。
そこで「ローマの休日」の街着の本当の色は…っていうアドバイスが入ったのかもしれませんね。

でも僕はこのCGオードリーの行動がオードリーらしくなくて、ちょっとキライなんですが、“彼女のウエストはこんなに太くない!”ですか(笑)。
確かに言われて見直してみると、やっぱ太いです(笑)。

流行色

妻のパッソも水色。
視覚的に鮮やかなのを選んだのでしょう。

お忍びであれば、目立たないベージュですね。
オレンジは陽気なイタリアの夏のイメージだったのでしょうね。

確かに水色はパッと目に入りますもんね。
オレンジはイタリアのイメージ…確かにそうですよね!
僕も「ローマの休日」全体のイメージカラーはオレンジです。

知ってるつもりで、ヴァリーエの紹介をする芸人の塚地武雄が、
「ローマの休日」風の格好をしてたんですが、
そのときはちゃんとベージュでしたので、
これはすごいことだなーと思ってました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。