リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
47位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12.オードリー映画と関係する作品

 昔、とある日にぼーってテレビのお昼の映画劇場を見ていました。
 特に見たいという作品でもなく、途中から本当にぼーって。

 全然面白くもなかったのですが、なんとなくちょっと見てしまうと気になりますよね?
 それでなんとなくだらだらと…。
 その作品名は「ギロチンの二人」。

 オードリーの「噂の二人」や「いつも2人で」とは名前は似てるけど、内容は似ても似つかぬ大昔のちっとも怖くないホラー映画。
 しかも低予算の白黒映画でした。
 でも見てるうちになんとなく気になることが…!
 “え?え?ええ~~~っ???”みたいな。
 こんな作品とオードリーの有名作品が繋がっていたのです!!

 オードリーの方はあの「マイ・フェア・レディ」!
 え?どこが?みたいにきっと思うでしょうね。
 舞台はちょっと昔風のおどろおどろしい館。
 何度も出てくるそこの壁紙が最初ちょっと気になったんですよ。
 “あれ?なんか見たことある…。”みたいな。

 で、本気になって注意してみてみるとなんとそこはまぎれもなくヒギンズ教授の家!
 写しているカメラの位置は違うけど、構造からなにから完璧ヒギンズ邸!
 ひえ~~~!びっくり!!

 …セットの使い回しでした。

 大金のかかった「マイ・フェア・レディ」、そのセットも1回きりじゃもったいない!ということで使用したんでしょうね。
 しかしヒギンズ邸はホラーの舞台になる可能性も持ち合わせていたんですね。
 エンドクレジットを見ると1965年度作品のワーナー映画でした。
 ちなみに「マイ・フェア・レディ」は1964年度のワーナー映画です。


 ★2002年6月25日
関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。