リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
32位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.オードリーの映画音楽5「エクスラン・ヴァリーエ」~「庭園紀行」と初期作品

 オードリーの映画音楽についての第5弾。

 今回は第5期&第6期“晩年のオードリー”の時代の音楽について。

 その前にオードリーが日本のCMに出た「エクスラン・ヴァリーエ」の音楽について。
 これってTYさんとお話していてわかりましたが、なんと若き日の由紀さおりなんですね!歌が!
 僕はまだ聴いたことがありませんが、“ヴァリーエ”を連呼する歌だったとか…。
 一度聴いてみたいものだ!です。

 追記:「ヴァリーエ」聴きました。
 今はCDで簡単に手に入りますが、金髪オードリーのジャケットはレコードだけです。

 さて「ロビンとマリアン」はジョン・バリーですね。これまた名曲。
 サントラは結局海賊版やプロモ盤以外発売されませんでしたが、名曲だ!っていうのは認められているのか、他の人もジョン・バリーのオリジナルスコアから演奏したものが結構発売されていたりするんですね、これが。
 僕も他のジョン・バリー作品と一緒に入っている物を持っていますが、こないだもまた新しいデジタル録音の「ロビンとマリアン」だけの物が出たみたいです。
 まだ入手できていませんけれども…。欲しい~~!!!
 軽快で雄大な馬に乗るシーンの音楽と、ラストシーンの音楽が好きです。

 追記:デジタル再録音CDのもプロモ盤CDも手に入れました。
 さらにその後市販でもサントラCDが出ましたが、なんと一部未収録という不完全版!
 3種類とも持っていないと音・曲が補完できない状態です。

 「華麗なる相続人」はイタリアの巨匠エンニオ・モリコーネですね。
 これ、決して映画はあんまりほめられたもんじゃないんですけども、音楽は一流です!
 僕の好きなオードリー映画音楽でも余裕のベスト10入り。というかベスト5にも入る!!

 カルテットでも、決してオードリーの代表作の映画ではないにも関わらず、みんなが気に入ってくれている曲の1つです。
 “いいよね~、この曲!”って。よく演奏します。
 曲中、6/8のリズムで旋律が4/4が使われているのがおしゃれ(というか演奏家泣かせ)。

 映画がコケたせいで、日本ではサントラも発売されませんでしたが、アメリカではサントラレコード、しっかり出てました。
 ただ“薬のパレード”に関してはエンニオ・モリコーネの作った曲が重すぎたのか、別の人の曲に差し換えられたみたいですね。
 僕もこれに関しては“差し換えて正解!”って思っています。
 あの映画の曲、好きなんですよねー。なんかぽあぽあしてて。すっごい薬の液体っぽいし。
 サントラCDの完全版が出ることを祈ります。

 追記:サントラCDは2回出ましたが、他の作品とのカップリングで、収録曲数はレコードのたった半分!
 未だに完全版は出ていません。

 「ニューヨークの恋人たち」は既存のカントリー曲を使ってますよね。
 で、日本人にはカントリーってあんまり受けないんですよねー。僕も…です。
 だからこの映画に関してどうこう言えないんですよね。

 「おしゃれ泥棒2」も音楽は印象にないなあ…。以上!(えっ!これだけ?みたいな…)

 追記:「おしゃれ泥棒2」は再見するとすっごいいい音楽でした!
 サントラが出て欲しいな~!

 「オールウェイズ」は20年以上の時を超えて再びジョン・ウィリアムス。
 まあこの人選は監督がスピルバーグだから当然なんですけども、印象に残るのはオールディーズの“煙りが目にしみる”で、サントラ聴いてもその他の音楽って印象薄い…。
 オードリーの場面の音楽もあるんですけど、いつ聴いても右から左に抜けちゃう。
 オードリーを思い浮かべるには不向きです。

 「オードリーの庭園紀行」の音楽は主にクラシックから持って来ています。
 クラシックを聴く人にはまあ有名な曲が入っていますが、サントラにはそれ以外にオードリーの肉声入り。
 クラシックはまあカラヤンなど有名な人の演奏で聴くとして、このオードリーの声が嬉しいですね。

 最後に「ローマの休日」以前の「モンテカルロへ行こう」に関して(「初恋」は印象ないので)。
 この映画、ちょっとミュージカル入っているんですよね。最初見た時びっくりしました。
 そんだけですけど。オードリー歌ってないし。

 追記:「モンテカルロへ行こう」から3曲入ったサウンドスコア盤のCDが出ています。
 他に「ラベンダー・ヒル・モブ」のサウンド・スコア盤CDも出ています。


 ★2002年6月1日の文章に追記を加えました。



関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。