リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
41位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それとですね、この映画を見ていて思うのは、
ガブリエルの志願動機がどうも尼僧では無かったような気がして
しかたないんですよね。
ガブリエルの求めていたのは、尼僧そのものではなく、
尼僧になることによってコンゴに行くことのできる看護婦、
だったように思えるんです。

だからフォチュナティ医師に“君は他の尼僧と全然違う!”
なんて言われているんじゃないかなーって。
もちろん本人にはそんな自覚はなくって、
ひたすら“良い尼僧でありたい!”と思い続けてたでしょうが、
どうも根本が違うように僕には思えます。

最後の方で、地下組織を世話した見習い尼僧のリザに
“あなたは良い尼僧になれるわ。”とシスター・ルークが言いますけど
(どうみても僕はそうは思えなかったんですが)、
おそらくリザは「尼僧でもある看護婦」ではなく、
「看護婦でもある尼僧」になりたがっていると
シスター・ルークは見抜いているんだろうなーって思います。

とにかく、シスター・ルークが「尼僧」というものから
どんどん乖離していく自分(ガブリエル)が抑え切れなくて、
修道院を出ていくんだろうなー、
だって自分が求めているものと違うから、みたいな。
下世話な言い方ですけど、
あらまー、転職する一般人そのものでないの、って感じ。

ちなみに、この作品について書かれてある、
ジンネマン監督の自伝には興味深い裏話がたくさん載っています。
その中で一番驚いたのが、これは17年にわたるお話であること。
監督自身が“私のつまずいたところ”というように、
僕もせいぜい5~8年くらいの話かと思ってしまいました。
“ハリケーンが来ようが、吹雪が来ようが、
主演女優を美しく見えるようにする”というのが
メイキャップ係やヘアデザイナーの“自動的反射行動”だそうです。

他にも、ジンネマン監督はヨーロッパの部分はモノクロで、
アフリカの部分をカラーで撮りたかったとか。
もともとお堅い話なので、このうえモノクロだったら…と思うと、
反対してオールカラーにしてくれたジャック・ワーナーに感謝!です。

おもしろいのは、撮影合間に尼僧達がタバコを
スパスパ喫っているのを見て、
撮影を見に来ていた黒人たちは「自分の目が信じられなかった」。
ところが誰かが“彼女達はアメリカの尼僧だから”と言うと、
“ああ、そうか。”と納得したこと(笑)。

それと、この作品の画像で、土砂降りの雨の中、
神父の隣でシスター・ルークが嘆いており、
周りには正面を見つめる黒人達、
というものをたまに見るのですが、そんなシーンは映画には無く、
なんだろう?と思っていました。

これも自伝でわかりましたが、どうやら、3人の男が土砂降りの雨の中、川にはまり込み助けを求めているが、雨で急速に水かさを増す川。
岸辺からはどうしようもできず男達はみるみる川に飲み込まれていく、
というシーンがリハーサルまで完璧に
行われていたことがわかりました。

実際には翌日川の水位が急激に下がっており、
仕込んでおいたリフト・セメント・金網などが丸見えになって、
そのシーンは結局撮影出来ずじまいだったことが書かれていました。
おそらくその時の岸辺の写真なんでしょうね。
はっきりしてよかったよかった!

さてその後、シスター・ルークがもう一度行きたい!と切望した
ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)がどうなったか、
御存じですか?

フレッド・ジンネマン監督の自伝で述べられていたのですが、
映画の撮影に協力してくれた白人の宣教師達。
自伝の最後にカメラの方に向かってお別れの手を振る
たくさんの人が写っているのですが、映画の撮影が1958年。
その1年後にベルギー領コンゴは独立戦争が起こり(1960年独立)、
その写真に写っている人のほとんどが命を落としたそうです。

そして現在。金・ダイヤモンド・コバルトと
資源の豊富なコンゴ共和国は
周りを囲む9つの国の思惑が複雑に絡み合って、
今でも一般市民・国連関係者までをも巻き込む
虐殺・誘拐・内戦・クーデター・国境の紛争が絶えないそうです。

コンゴでは少年でも兵士として戦争に参加し、
少女は暴行をはたらかれたりしているそうです。
それに治安の悪さと共に、
度重なる戦闘による生活環境の悪化も大きな問題で、
今はペスト・髄膜炎・E型肝炎も流行っており、
貧しい国民は心も体も疲弊しています。

コンゴの大統領が言っていたそうです。
“もし平和が訪れるなら、
コンゴの全ての資源と引き換えにしてもいい!”

シスター・ルークが愛した、オードリーが愛したコンゴは今現在、
このような状態なのです。
黒柳徹子さんがコンゴにユニセフ親善大使として訪れたようですが、
もしオードリーが今も生きていたら、
それこそきっともう一度コンゴの地を訪れていたことでしょう。

“今こそ私の出番だわ!”って。

関連記事

コメント

みつおさん、またまた新しいブログ立ち上げですね♪

「尼僧物語」は、最初に見たときにあまりに重い話で、見終わった後に非常に疲れた記憶が・・・(^^;
それは「噂の二人」とはまた違う疲れ。

テーマが重いせいもあるのかもしれませんが、ここまでの解釈が出来ない自分です(苦笑)

オードリーの作品の中で美しいと称されている彼女の姿とは裏腹に、非常にシリアスな内容ですよね。

カリンさん!

カリンさん、こちらにも来ていただいて、
ありがとうございます。(^-^

「尼僧物語」は確かに最初は重かったですよね。
しかも幼かった僕は、こっそりオードリーが
盗み見するところとか走って怒られるところとかが、
“わざとらしい!”なんて思ってたもんです。(^^;;;

確かに、気楽に観れる映画ではないので、見る前には
ちょっと覚悟がいりますよね。
でも「戦争と平和」よりはマシなような…。

きっとこの解釈は、自分が「尼僧物語」を
軽く観れるための逃避手段なのかもしれません(笑)。

v-14僕も観る前はちょっと高尚過ぎるような気がして躊躇してたんですが、
観ているうちに自分たちにもあてはめられる、
生きるってことを真摯に描いた身近な作品だと感じましたね。
こういう作品が大ヒットしたアメリカって、当時まだ健全だったんだなぁ。
ただ、ヒロインの志望動機の強さが何故なんだろうと、そのへんがちょっと弱い気もしましたが。

ジンネマン監督の自伝で笑えたのは、
忍耐強いオードリィがただひとつ要求したのはエアコンだったのに、本国から送られてきたのは加湿器だったという事件、さぞや脱力したことでしょね。

まるさん、そうですよねー。
この「尼僧物語」も普通に見ることが出来るように
なったということは、自分もそれだけ人生を
重ねてきた、ってことなのかなーと(笑)。

志望動機はやっぱり“いい看護婦になりたい!”
じゃないんですかね?
なぜコンゴにそこまでこだわるのかは
ちょっと原作を貸したままなので今不明ですが…。

アメリカだけじゃなく、日本でも読者投票で
ベスト10入り(5位、だったかな?)してますから、
日本だって健全ですよね。(^^

エアコンの話、僕はごく普通の要求だと思ったんですが、
あの吉村英夫さんは“スターのわがまま”扱いでしたね。
どうもこの人とはウマが合いません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/2-992c8624

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。