リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
34位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はオードリーのメイクの変遷のお話です。

メイクそのものについては、男の僕ではよくわかんないんですけど、
オードリーってその時代時代でメイクがばんばん変わってる!
ってことくらいはわかります。今回はそんなお話。

オードリーってなんかずっと一緒のように思われてますけど、
けっこう並べてみると大きく変わってます。
なんか僕ぐらい年季が入ると、写真を見るだけで
だいたいどの作品の頃かわかっちゃいますね~(笑)。
たとえ映画ではないプライベートな写真でも。

特徴があるのが眉毛。なんだか太い眉の代名詞みたいに
オードリーが扱われることがあるんですけども、
これって「シャレード」が“マダム風”と呼ばれることと同じで
疑問なんです。

52年(「ローマの休日」撮影)当時は
エリザベス・テーラーもそうですけど、
太い眉が流行っていたんですよね。だから太い。
オードリーの専売特許ではないですよね。

「ローマの休日」以前の作品やポートレートを見ると
眉間に寄る部分が太くて丸いだけで、
こめかみの方は非常に細くなってる。
だからイギリス時代のオードリーの顔って簡単にわかります。
「ローマの休日」の頃、オードリーの眉が太いのは
グググってわざと太く描いてるからなんですよね。

で、「ローマの休日」以降、「パリの恋人」あたりまでは
どんどん眉が直線になっていくんですね。
「初恋」っていう「ローマの休日」以前の作品がありますけども、
日本公開の時、初公開の時もリバイバルの時も
ポスターもチラシもプレスシートもすべて
「パリの恋人」の写真をメインに使っているんですけども、
はっきり言って眉毛をみるとモロバレですよね。ずるい!
きれいなオードリーを全面に押し出して、題名は「初恋」。

知らない人が見に行ったらオードリーは主役じゃないわ、
内容は陰謀渦巻くドロドロものだわで、びっくりしますよね。
詐欺か!?と言いたくなります、ホント。
これ、でも配給してるイギリスの映画会社から
「初恋」用のスチールとして送られて来るみたいで、
日本の作戦ではなく、イギリスの陰謀ですよね。

「ローマの休日」~「パリの恋人」の間で、
1つ眉が大きく他と違うのが、1954年!
ここ、間違えないで下さいね。
オードリーにとっての1954年ですから、
オードリーの年令についてで書いたように、
「麗しのサブリナ」は前年に撮影終了してからですよ。
ですから、オードリーにとっての1954年というのは、
オードリーがメル・ファーラーと結婚した年、という意味です。

この年のポートレートを見ると、ちょっと前後の年と比べて異色!
他の年は眉がくっきり太いのに、この年のオードリーはちょっと細い。
しかも、眉尻がやたら長い!これが最大の特徴ですよね。
ショーンの本でも、そういう眉尻の長いオードリーが載っていて、
それが“1949年”なんて書いてますけど、
あれは明らかに1954年のポートレートですよね。
だいたい1949年だったら、1.3倍くらいオードリー太ってるし(笑)。
おそらく1954年は映画に1本も出てないので、
プライベートで自分で描いてる(プロのメイクさんではない)
眉毛だったんでしょう。

で、その後60年代に入ってどんどんオードリーの眉毛は
ナチュラルになっていきますよね。
動くオードリーの時代(第3期)なんか、めっちゃ自然!
50年代の濃い~いベッタリ眉毛は影をひそめて、
太さも色も自然になってます。
そのかわり、第二期オードリーでは役柄上描けなかった
目の下のアイラインが入るようになって、
オードリーの美しい目をより強調するメイクになってます。

実際は町中で撮られた写真ではもっと自然ですけども、
僕はこんなナチュラル(風)のオードリーの顔が好きですね。
やっぱり宣伝写真だと口紅とアイラインはひいてますけど、
もともとおしろいはほとんどつけないオードリーだから、
この時期のオードリーって眉毛も含めて
すべてがオードリー本来の美しさに溢れています。

そしたら「おしゃれ泥棒」ではメイクを一新!
アイラインを目の下まで大きくくっきりいれて
今までにないメイクで、今見ても斬新!
(この表現ばっかですみません…。)
こんなシャープなオードリーは初めて!
このオードリー、大好きですよ!(^-^

よく「おしゃれ泥棒」に関して初公開時に
“化粧が濃い!年をごまかして!”なんて書かれますけど、
これも太い眉毛と一緒で、そうじゃない!と思うんですよね。

なんだか「クレオパトラ」っていう映画の後、
そういうクレオパトラメイクが流行ったらしくて、
「おしゃれ泥棒」のメイクもその流れですよね。
60年代も後半ですから、“サイケ・ゴーゴー・ヒッピー”の時代。
だから化粧が濃いのは単に時代の流れだっただけ。

面白いのは、オードリーは「暗くなるまで待って」で
既にナチュラルメイクに戻ってるのに、
世間はどんどん「おしゃれ泥棒」メイクになっていくんですよね。
70年代前半、当時の日本の女性歌手なんかは
メイクが思いっきり「おしゃれ泥棒」してる。
付けまつげバシバシでアイラインべったり!みたいな。

70年代の映画雑誌やレコードジャケットなんかで
オードリーが使われる場合、
もっとも多く使われてるのが「おしゃれ泥棒」の画像なんですよ!
“化粧が濃い!”って言ってた人も、おそらく70年前後は
「おしゃれ泥棒」してたと思いますよ(笑)。

やっと時代がオードリーに追い付いた、
ってことなんでしょうねー。
それと、おんなじ隈取りメイクでも、
微妙に「おしゃれ泥棒」と「いつも2人で」は
また違うんですけどもね。
「おしゃれ泥棒」の方が柔らかい感じ。なぜ?
今も浜崎あゆみや倖田來未なんかが
正直「おしゃれ泥棒」のメイクの流れですよね。

とにかく、僕なんかどの時代のオードリーも
オードリーそのものなんですけど、
「パリの恋人」「パリで一緒に」「おしゃれ泥棒」という
美しさという観点での各時代の代表作の
オードリーの画像を並べてみると、
かなり大きくイメージが変わっているなーって思います。
もともとは(年令を重ねているという以外は)全く同じ顔なのに、
メイクだけでよくまあここまで変わるなあ~、みたいな。
別人のようだし。

「ローマの休日」初公開当時、初めてオードリーを観た人は、
13年後に「おしゃれ泥棒」みたいなメイクになるなんて
誰も思わなかったと思いますよ。
でもね、「ティファニーで朝食を」の顔、50年代とは全く違う顔!
ってふつう思いますけど、
あの有名な、キセルを持った手をテーブルにひじ付いて
にっこり微笑むオードリーのカラー写真、
髪を隠してみたらア~ラ不思議。
「麗しのサブリナ」の時と何も変わらないオードリーが
そこにいるんですよね。
やっぱ女性って、メイクとか髪型で大きく変わるもんなんですね~。

それと、半引退状態だった70年代前半は口紅の色が薄くなってます。
白黒写真だと顔と一緒のような色になってるし。
そうそう!71年に撮影された「エクスラン・ヴァリーエ」のCMでは
目の周りをパンダのようにブラウン系で塗っているメイクも
ありました。
金髪バージョンのなんですけど、これも時代ですよね~。

今でこそオードリーの顔はよく変わってる、って言われますけど、
60年代前半当時の雑誌を読むと、「ローマの休日」の時から
全然変わらない!って表現がよく出てくるんですよね~。
そうか、オードリーと共に人生を歩んだ人たちは
自分もそのメイクの流行に乗ってるから
オードリーの顔の変遷に気づかないんだろうなーって
思いました。
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://audreykathleen.blog98.fc2.com/tb.php/17-a9516b41

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。