FC2ブログ

リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
385位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
16位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


今回は「パリの恋人」について。

「パリの恋人」は、今見てもとっても画面が斬新ですよね!
オードリー自身も“今見ても新鮮です。”って
インタビューで答えてますし。
画面の構成のオシャレ度では、「いつも2人で」と並んで
オードリー作品では双璧だと思ってます!!!
どちらもスタンリー・ドーネン監督の作品。

でこの作品はですねー、最初見た時と今との自分の中での位置が
全然違う作品なんですよねー。
最初見た時はテレビ放映だったんです。
その時はオードリーの声、池田昌子さんじゃなかったので、
ものすごい違和感があって、どーもそれが気になってしかたなかった。
その上90分枠だったので、いまから思うと
ブチブチカットされてたんですよねー。

さらに!僕はあんまりミュージカルに酔えないタチみたいで、
“わー、最低のオードリー作品だー!”っていうのが
初めの印象なんですね。
おそらくその当時にこんなエッセー書いてたら、
ものすごいヒドイ事書いてると思いますよ。
それで後にそれを読み返して
“なんてバカなんだー!”って自己嫌悪に陥るという(笑)。

「マイ・フェア・レディ」は同じミュージカルでも
オードリーは怒ったり嬉しい時に歌ってる。
これはものすごい理解できるし、
レックス・ハリスンは歌うと言うより、喋りに伴奏付きって感じですよね。
だからミュージカルというのを意識せずに作品にのめり込めたんです。

でも、この「パリの恋人」はもろミュージカルですよね。
オードリーがやっちゃうんですよ!
え?何を?って、街中で歌い出しちゃうんです、唐突に!!!
♪ボンジュ〜ル パリ〜♪って!
こんなんおかしいやーん!みたいな。
「きれいになるために」というナンバーでも、
初めて歌う曲のはずなのに、マギーとジョーの振り付けが揃うしね。
こんなのフツー考えられないでしょ?

なんといっても最初見た時一番イヤだったのが
オードリーがパブで踊り狂う所。
オ、オードリー、どうしちゃったの??頭、大丈夫???って
見ているこっちが恥ずかしい!みたいな。
あのシーンでオードリーを見ているアステアの気分(笑)。
というわけで、最初は僕の中では最低のオードリー作品。

今の「パリの恋人」の僕の中での位置付けはというと、
50年代のオードリー作品の中でも一番好きな作品なんですよね!
どえらい最初と位置付けが変わってますよね?
これは何度も何度も見直しているうちに、
“あれ?あれれ?なんか凄いぞ、この作品は!”ってんで
どんどん自分の中でのランクが上がって行ったんですね。
楽しいし、美しいし、何度見ても新鮮だし、素敵なストーリーに音楽。

それに、ここでのオードリー、ストーリーに流されて行くだけじゃなく、
自分で動こうと努力しているんですよね。
最後は50年代のオードリーではあるんですけど、
60年代で明確になる“動くオードリー”のハシリは
この作品から始まっているんですね。
もし、“嫌いだから”って理由で再見しなかったら、
この映画の良さに気付かなかった!って思います。
そんなことになったら、えらい損してますよね。あー、見直して良かった!

この作品、カラー設計もすごいですよね!
さすがリチャード・アヴェドン!
アヴェドンはオードリーとすごいゆかりのあるカメラマンですよね。
オードリーがアメリカで一番最初に見たのがアヴェドンだった、
って言ってますしね。
「ジジ」から始まって、晩年のオードリーまで、数々の画像を
残してくれてます。

で、50年代のファッション雑誌をめくるようなタイトルバックから始まって、
日本の、とあるCMでもパロられたことのある編集室のカラフルな扉たち。
そこで展開する「ピンクで行こう!」のナンバー。
時代的にまだフィルムの合成が技術的にうまくいかないためか、
つないでる部分でうっすら筋があったりはするのですが、
もう50年代のファッション雑誌そのもの!
って世界が展開されますよね。
女の子全員の衣装も微妙に違うのがこれまたオシャレ!
これでもかというくらい目にも綾な場面が展開されていきます。
特に、僕の好きなピンクがメインだし!!!
オードリーはまだ出てきてないんですが、
もうここですっかり映画に引き込まれてしまってることに気付くんですよね!
監督も「シャレード」「いつも2人で」のスタンリー・ドーネンだから、
画面も衣装も内容も、もうこれは第1級のオシャレになるのは必然ですもんね!

さて、そのあとで当時世界一のスーパーモデル、ドヴィマが登場し、
そうしてオードリーのいる古本屋に向かうのですけども、
このドヴィマ、声を発すると彫刻のようなお顔にそぐわない声なんですよねー。
なんかどちらかと言うと低めの声で、落ち着いた喋り方なのかな?
と想像するのですけれど、実際に喋ると“キ〜、キ〜ッ!”って感じの
まるでジュラ紀の怪鳥か?みたいな声。
本当にドヴィマがそんな声だったのか、
映画だからそんな声を出させているのかはわからないんですけど、
えらい扱いですよね。スーパーモデルに幻滅しちゃうくらいヒドい。

えらい扱い、といえば、オードリー扮するジョーがかぶれているという
共感主義。これもえらい扱いです。
教祖からしてもうどう見ても、うさん臭いですもんね。
これって当時サルトルが提唱していた実存主義のパロディなんだそうですけど、
「パリの恋人」を見て実存主義の人は怒らなかったんでしょうかね?

でも実存主義だけを笑い者にしているのではなく、
アヴェドンが当時いたファッション雑誌の世界に関しても
最初の編集室でのシーンやドヴィマの扱いで、
さらにはミス・クオリティの発表会で徹底的にカリカチュアライズしてますから、
なにも実存主義だけをヒドイ扱いにしたんじゃないんですよね。
大人であるパリっ子たちもいちいちそんなことで目くじら立てることじゃない!
って思っていたのかも。

で、やっとオードリーが登場するシーンになるんですけど、
古本屋のはしごに上っているオードリーに気付かず、
フレッド・アステア扮するりディック・エイブリー
がその可動型のはしごを勢い良く押してしまうので、
オードリーは“キャ〜〜〜〜〜!”って叫んで端まで行ってガッツーーン!!!
たしかに、たしかにね、画面では最初オードリーがいるってわかりませんよ。
でも、はしごにいるジョーもあんなドヤドヤ入ってきて“いらっしゃいませ”
って言わないのかな?みたいな。
(なんなんだコイツら!って思っていたのかもしれませんけどね。)
ディックやマギーも全体を見渡さないもんなんでしょかねー。

で、こういう突っ込みどころが「パリの恋人」には
やたら多いんですよね(笑)。
でもそんな隙が多い作品である、というのも
この作品を愛してしまう理由の一つなんです。
“隙”と言っても、重要な部分ですきま風が吹いている、という
作品的に出来が悪いって事じゃないんですよ。
むしろ、自分で想像する余地が多く残されている、というべきかな?
この辺はあとで“カリン劇場”でやっていただきますね!
お楽しみに。

2004年7月23日 改訂2004年9月1日
関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |