リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
29位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_3766.jpg
外から見たAUDREY HEPBURN CAFE

 さてめっちゃ重い写真集を持って、そのまま次は2駅先にあるという「AUDREY HEPBURN Cafe」へ行くことに。

 詳しい場所がわからなかったので、ネットに載っていた住所を元にネットで地図を検索して歩いていったのですが、途中のスーパーを越えてその場所にたどり着いても何にもない…。
 なんか草が生えていて、完全に空き地のような場所…。

 あれー、おっかしいなーと、もしかしたらスーパーの中に?とか再度スーパーを探索しましたが、そこにも無し。
 元々重い写真集がますます重く感じるという気分の中で、さらにその近辺を探しまわることに。

DSC_3780.jpg

 地図の検索で出てきたところの道の向かいに渡ってみて、そこにあった大きな大きなマンションの駐車場の入口にいた人に友人が英語で尋ねても知らないとのこと。

 その友人が尋ねてくれてる時に、マンションの入口に書いている看板?らしき物を見ると『ZENIS TOWER 101』って書いてあったのをチラっと確認。

 もしかしてもう閉店したのかな〜なんて思いながら、もう一度ネットでカフェの公式サイトの住所を確認すると、“ZENIS TOWER 104”って書いてある!
 おおっ、ここやん!って感じで、その大きなマンション群の中へ。

DSC_3777.jpg

 なんとそのマンション群、釜山でも、というか世界でも有数の超高層マンションで、wikiでみると世界で11番目に高いマンションだそうです。80階建て。

 というか、全体に釜山は日本よりも圧倒的に高い建物が多くてビックリしてました。
 日本だと地震があるので、ここまで高いマンションは作れないだろうなーみたいな。建物に被害は無くても、ライフラインが切れた時に50階に住んでます…とかだと、水とか配給されても持って上がれないですもんね(←阪神大震災経験者)。

DSC_3771.jpg

 途中に案内盤があって、101、102、103は載ってたけど、104があるだろう場所には特に何も書いてなかったのですが、そこだろうと見当をつけて行ってみると、友人が “あ、あった!” と見つけてくれました。
 カフェだから、僕はずっと1Fだろうと思っていたのですが、友人が見つけた “オードリー・ヘップバーン・カフェ” は2Fにありました。

 外は暑かったですし、歩き回ってクタクタ。やっと重い写真集を置ける!と思って入口から2Fへ。
 元々コーヒーは匂いは好きだけど、味が好きじゃないので、店頭に置いてあったポスターでススメてた涼しげなティファニーブルーのフローズンを頼むことに。

DSC_3773.jpg

 出来上がると呼んでくれるベルにもオードリーが。
 友人が持ってきてくれると、トレイに敷いてある紙にもオードリーがいました。ので、濡れないうちにさっさとその紙ははずして大事に持って帰ることに。

 ネットを検索するとコーヒーの味はそうでもないみたいなんですが、ここのそのジュースはめっちゃ美味しかったですよ!あっという間に飲んでしまって、追加で別の種類も飲んでみましたが、そちらはまあ普通でした。

DSC_3784.jpg
なぜか店の隅でアン王女がジェラートをなめていました(笑)


 店員さんに訊いて、店内を撮らせていただきましたが、こんな感じです。
 店内は本を読んでいる人が多かったですね。店に備え付けの本の中にはオードリーの写真集もありました。

 その後は晩ご飯を食べる為に海雲台や金連山の方に行きましたが、途中ずっと写真集を持ち歩かないといけないので、重くて指が痛くて(ビニール袋が伸びるので)大変でしたが、なんとか歩き通し、ホテルに帰り着いた時にはグッタリでした。

DSC_3770.jpg

 でもホテルは日本語の出来るスタッフも居たし、まだ新しいホテルだったのでエレベーターは新品の匂いがしたし、部屋も清潔感溢れるところでした。
 おまけに心配していた日本型のコンセントもあるし、ホテルは予約の際からウォシュレット付きだったし、とても良かったですよ。

 翌日は少し釜山の街中を観光して、日本に帰りました。オードリー展に関してはちょっとガッカリでしたが、友人と一緒だったので全体では楽しい旅行でした。

DSC_3768.jpg

スポンサーサイト
DSC_3753.jpg
「BEAUTY beyond BEAUTY」展入場口前の大看板

 夏の盆休みを利用して、友人と共に韓国釜山での「BEAUTY beyond BEAUTY」展に行ってきました。
 今回はそのレポートを。

 まず関空から飛行機で釜山へ。
 釜山はボーディング・ブリッジではなく、タラップで外に降りてからバスに乗ってターミナルへ行くパターン。

DSC_3745.jpg
映画の殿堂前ののぼり

 で、韓国に降り立って最初に気づいたこと。うっ、空気がなんかにおう…。
 友人に“なんかにおわへん?”って言ったら、“キムチのにおいやと思うよ。”とのこと。
 うん、確かに!キムチのにおいや!

 僕はめっちゃ鼻がきくことで親戚や友人との間では知られてるんですよね。
 で、屋外だというのにキムチのにおいがするってことは、やっぱりこういう国ごとのにおいってあるんかなーって考えちゃいました。

 “じゃあ日本は昆布だし、鰹だしみたいなにおいがするのかなー。”とか友人と話ながら歩いてました。
 この日はホテル内以外、道のどこででもこのキムチのにおいというのを感じてたんですが、その日の晩ご飯に自分たちが韓国料理を食べたこともあり、翌日帰る頃にはにおわなくなってました。人間の鼻の慣れって早いなーなんて思ってました。

DSC_3747.jpg
映画の殿堂入口

 それと、空港の男性トイレで韓国の人が忘れたパスポートが置いてありました。
 これは忘れた人めっちゃ困ってるんじゃないか??と思ってインフォメーションに届けようとしたら、途中で2人連れのポリスマンが。
 そこで僕は日本語しか話せないので、英語の出来る友人が忘れ物です、って話してくれて無事渡すことが出来ました。

DSC_3749.jpg
入口にあったオードリーの看板

 ホテルでキャリーバッグを預かってもらって、早速センタムシティにある “映画の殿堂” へ。
 道中、日本と同じでめっちゃ暑かったです。湿気も高くて、ハンカチなしではいられません。
 でも一歩室内に入るとめっちゃ冷房が効いてるんですよね。節電節電って言われる前の日本みたいでした。
 あ、でも駅は空調のみで冷房が無くて暑かったです。

DSC_3752.jpg
入口を入ってすぐに貼ってあった展示会のポスター

 で、映画の殿堂の「BEAUTY beyond BEAUTY」展に着きました。韓国だけのオリジナルのオードリー展。
 釜山では2015.05.09〜9.06までですが、その前にソウルで2014.11.29〜2015.03.08までやっていたんですよね。

 お隣とはいえ海外旅行だし、今の日本と韓国の関係を考えたらまぁ行けないかなーと思っていましたが、同じオードリーファンのmengさんにソウルでの写真を見せてもらったら、かなり大掛かりな展示会だったので、“めっちゃ行きたい!”って思ってたんですが、今回一緒に行った友人のおかげで急遽行けることになったんですよねー。

DSC_3754.jpg
衣装の垂れ幕。これは絵です

 入場口前にはオードリーの衣装の大きな垂れ幕が!
 その向かいにはオードリーの大きな画像もありました。
 入る前からめっちゃ期待!

 で、入口にオードリーグッズの売り場があったのですが、友人が “入る前に買ったら重いよ。” と言うので、そりゃそうやと思ってチケット売り場へ。

 そこでは音声解説の貸し出しもあったんですが、当然韓国語なので、それは借りずに、その解説の日本語翻訳版の冊子が売ってたので、それを買いました。1冊1000ウォン(約110円)。他にも英語版と中国語版が売ってたようです。

 そこの受付には日本語の出来る女の子もいて、とても親切でしたよ!なので、その方からチケットを買い、説明を受けて中へ。内部の写真撮影はダメとのことでした。

DSC_3759.jpg
画像の大パネル。グッズ売り場と入口はこの左

 写真が撮れないのでどんな感じかというと、壁にパネルでずらっと画像が展示してあって、そこに韓国語で説明文も載っていて、ずっと歩いていくというもの。
 オードリーの先祖の写真から始まって、オードリーが赤ちゃん〜子供の時、イギリス時代、そしてハリウッド時代、晩年というふうにずっと展示してありました。

 オードリーには特に興味が無い友人に説明していたんですが、普通の声だったんですけど、僕の声は昔からよく通ると言われている上に(小学校時代にも、隣の席の女の子と授業中にヒソヒソ話してたんですが、先生に“あんたの声はよく通るから丸聞こえよ!”って注意された…)日本語なのでちょっとうるさかったらしく、受付の日本語の出来る女の子がやってきて、“どうかお静かに” って注意受けちゃいました。
 なので、その後はずっとヒソヒソ声で説明していました。

 途中にはちょっと暗いゾーンや部屋があって、そこではオードリーのプライベートな映像(アンドレア・ドッティとの結婚式、ルカを抱くオードリー)やオードリーのハリウッド時代の映画をずらっとちょっとずつ繋いだ物、ユニセフでの活動とインタビューがずっと上映されていました。

DSC_3760.jpg
映画の講演会もあったみたい。そのポスター

 …とかって歩いていくと、晩年の(裏焼き)オードリーの大きなパネルが出てきて終わり。
 そこにある幕を上げて外へ出ると、えっ、元のグッズ売り場???

 えーーーーーーーーーっっっっっっっっっ!!!!!!

 まじでコレで終わり????

 いや、mengさんに見せてもらったソウルのとは全然違うやん!
 確かオードリーの衣装やグッズやアカデミー賞のオスカーが展示してあって…って全然無いやん!!

 以下3点の画像はソウルでの「BEAUTY beyond BEAUTY」展の画像をmengさんに送っていただいた物です。
 (mengさんから画像の掲載の許可ももらっていますが、著作権はmengさんにありますので、無断転載はやめてください。)

korea_15.jpg
ソウルでの展示会。豪華!©mengさん


korea_21.jpg
ソウルでの展示会。羨ましい!©mengさん


korea_5.jpg
ソウルでの展示会。いいな〜!©mengさん


 2004年〜2005年の日本での “timeless audrey” の時もそうだったんですが、東京や熊本は11のブースで展示してありましたけど、大阪などは会場の大きさの都合で10個のブース、札幌では8つ、最低の京都では7つしかブースがなかったりしましたが、やっぱり首都じゃないと完璧じゃないのかなーってちょっと地方都市の悲哀を感じました。

 さて、落ち込んでてもオードリーの衣装など無い物は無いので、グッズの売り場へ。
 絶対買う!と決めていたのは、この展示会の図録というか写真集、「AUDREY HEPBURN:BEAUTY beyond BEAUTY」。
 これは店で売る本の扱いではないので、アマゾンなどでは売りに出ないんですよね。行った人だけが買える超貴重な1冊。

 これを買って他にもグッズを見てみました。
 タンブラーやノートみたいなのは興味ないのですが、気になったのはCD。箱には“ORIGINAL SOUND TRACK”って書いてる。
 でも裏を見ると映画の音楽じゃない。これはこの展示会用の音楽なんだね、みたいな。
 うーん、いらないかな、と思いましたが、友人が記念やから、と言うので、まあそっか、と思ってコレも購入。

 で、写真集を渡されましたが、おっ重い!!!
 サイズもやたらデカいし、これはちょっと…みたいな重量とサイズ。
 入れてくれたのは紙袋ではなく普通の本屋でもらうようなビニール袋だし、重さでビニールの持ち手用の穴が伸びて痛い!

DSC_3764.jpg
映画の殿堂の別の場所にあった看板

 この後、2駅先のオードリーカフェに行く予定だったんですが、あまりに重いので、友人が“先にホテルに戻って置いてから行く?”と訊いてきたほどの邪魔さ加減。
 しかも友人はこの写真集のせいで、帰りの飛行機への預け荷物が重量オーバーするんちゃうかと心配し始める始末。

 これ、本の装丁した人アカンでー。
 韓国発で初の本格的なオードリーの写真集やから張り切ったんかもしれんけど、やり過ぎ。
 B4くらいの大きさでハードカバーって、これ何kgあんねん!みたいな。
 こんな重くてかさばるもの、女性は持って歩かれへんで。
 買う人少ないやろなーって思う重さでした。

 その時僕らが2冊買いましたが、どうやらそれが最後の2冊だったらしく、それで完売になりました。危ない危ない!
 値段も本来は70000ウォン(その時のレートで約8200円)が最後の叩き売りで20%OFFの56000ウォン(約6500円)でした。ラッキー!(重いけど…)
 タッチの差で買えて良かったー!(めちゃくちゃ重いけど…)

DSC_3761.jpg
映画の殿堂の一部。大きな建物で映画館も併設

 で、ちょっと映画の殿堂の他の部分を回ってから駅へ。
 外がめっちゃ暑いので、途中にある新世界百貨店に入って地下でフレッシュジュースコーナーを見つけて飲んだんですが、その時のドラゴンフルーツ&パインのジュースが美味しかった〜〜〜!今まで飲んだジュースでもトップの美味しさでした!

(つづく)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。