リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
34位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回もオードリーに関するデマを書きます。今度は「マイ・フェア・レディ」にまつわる悲しいデマについて。

 「マイ・フェア・レディ」は途中の休憩の音楽を含めて、元々172分の映画です。
 1994年にリマスター版が作られた際に、リマスター版のスタッフロールがエンディングに1分ちょっと付け加えられて今では173分になっています。

 もちろんこれまで販売されているDVDやブルーレイもすべてそうなっています。リマスター前のLDもそうです。カットなど一切ありません。
 何度も何度も僕が劇場やテレビで見てきたものと全く同じ物が発売されています。
 次のシーンがどういう物であるか全部わかるほど見倒しています。

 ところが!某有名ネット販売のサイトではこの作品に“カットがある!”と書き込んでいる人がいるのです!
 カットされたというシーンは

 1.お風呂に入っている&出てきた後のうっとりしているイライザのシーン
 2.イライザがヒギンズ夫人(教授の母)の元を訪れて話すシーン

 だそうです。

 まず1の方は、イライザは入れられる時に暴れているシーンで終わりです。この後イライザは声だけになり、メイドたちがイライザの古い服を持って出てきて、ヒギンズ教授のシーン&歌に切り替わります。

 お風呂に入っているイライザのシーンが有ったと、なぜ誤解しているのでしょう?
 よくわかりませんが、これは大昔の江利チエミさんや最近の大地真央さんなどの舞台版でそういうシーンがあって、それとごっちゃになっているのでしょうか?

 うっとりしているというのは、「スペインの雨」を歌い終わった後にイライザがぽーっとなっているシーンがありますがそれと混同されているのでしょうか?

 あるいは同じ1964年公開の「パリで一緒に」にオードリーがお風呂に入るシーンがあるので、それと間違えているのでしょう。

 2の方は、もともと教授が来る前にちょっとだけありますが、それ以外にあるというのでしょうか?
 こちらももしかしたら舞台版であったのかもしれません。

 どちらのシーンも、ノーカットだったテレビ放映を録画してビデオで持っているもの、レーザディスク、ビデオ、DVD、最近のテレビ放映の録画、それらのどれにもありません。
 また何度かの劇場公開でも見ておりますが、そのようなシーンはありませんでした。

 また常識的に考えて、このような有名な作品を販売元が “勝手に改変” などするわけがありません。
 制作時に揉めて、監督が思い通りに編集出来なかった作品などならともかく、このような有名作を発売時に何の断り書きもなく監督以外がカットするなど有り得ないと、考えればわかります。

 心にしまっておいた記憶という物は時として思い込みで改変されてしまうものですが、それらのシーンがあったというなら、きちんと具体的に画像などの証拠を出して証明していただきたいと思います。

 さらに他の方からそんなシーンはなかったと指摘を受けると、深夜のノーカット放送で見ました!とさらに思い込みが…。
 83年深夜のノーカット放送を録画して今も持ってますけど、そんなシーンは見事に存在してないです。

 さらに、95年発売のビデオ、96年発売のLD、そして2枚組DVDに収録のメイキングで、94年リマスター時にはオリジナルネガから修復されていることが述べられていました。
 ということは、そのようなシーンが本当に初公開時にあった場合には復元されているはずですが、実際にはその後のリマスター版でもやっぱりそんなシーンはありません。

 もしカットされたシーンが存在したら、リマスターで大きな話題として述べられていたでしょう。
 リマスター前のビデオやLDにもリマスター後のDVDやブルーレイにも無いということは、結局そのようなシーンは元から存在しなかったことの完璧な証明です。

 これらのレビュアーさんも悪気は全く無く、むしろ「マイ・フェア・レディ」をお好きなご様子です。
 ですが個人の思い込みのために、それらを信じる人がこのようにたくさんいて「マイ・フェア・レディ」の売り上げが落ちているとするならば、これは由々しき大問題です。

 そのうえ大好きであったはずの「マイ・フェア・レディ」を、カットされているシーンがある!などと頭から決めつけて映画を完全否定するのは、家族と一緒に観たという懐かしい思い出ごと否定しているようなもので、その人のためにも心が痛みます。
 今見ているDVDの「マイ・フェア・レディ」こそがあなたが大事な家族と見た思い出の映画そのものなんですよ!とわかって欲しいです。

 ちなみに現在「マイ・フェア・レディ」の権利を持っているパラマウントさんにも、念のため問い合わせましたが、カットは無いと返事をいただいています。

 これらの本当に胸が痛くなる残念な書き込みを、レビュアーさん自身で気づいて消していただける事を願っています
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。