リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
1085位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長らく放置してきました、このブログ、
久々に書いてみたいと思います。

オードリー・ヘプバーンといつも2人で」の方はこまめに記事を書いてるんですけど、こちらはエッセイ用なんでね、
書くことが無いと、どーもほったらになるんですよね(汗)。
まあ、「オードリー・ヘプバーンといつも2人で」の方でも
グッズの紹介に絡めて、かなり自分の考えも書いてるんでね。

これから書いていくのは、

オードリー・ヘップバーンに関する巷のデマ!

これです!

なんか映画雑誌や評論に堂々と載っているものから、
誰が言い出したのかわからん笑ってしまうようなデマまで、
結構色々あるんですよ~!

で、長年オードリーのことを調べてて、
僕が“これはちゃうやろ!”って思ったこと、
ここではそんなデマを色々と取り上げていきたいと思ってます。

皆さんがそういう世間の文章を読んで、
“えっ、オードリーってそうなんや~。”って
そんな誤った情報を信じている純真な方がいたら、
“それは違うんですよ!”って正しい認識になってくれればいいなぁって思います。

ま、でも僕が間違ってる可能性もありますので、
その場合は笑って許してくださいです。(^ ^;;;
でもまあ、オードリーに関しては、
そこそこ自信はありますけどね、エッヘン!( ̄^ ̄)

ではでは、まず今回は第1回目ということで、
明らかな間違いから。

“オードリーの来日は、83年と87年の2回のみである。”
(近代映画社スクリーン+プラス vol.18 他)

う~ん、“スクリーン”の近代映画社さんがこれではダメダメでしょ~う!
オードリーはもう1度来日してますって!
それは1990年!

「オールウェイズ」よりも後に撮って、
実質オードリー最後の作品になった、
「オードリー・ヘプバーンの庭園紀行」の“日本の庭園”編のために、
オードリーは1990年5月に来日して、京都のパナソニックの真々庵と、苔寺(西芳寺)で撮影を行っている事実があります。

でも密かに来日して、そっと帰っていったのか、
この90年の来日のことは、全然知られていませんねー。

僕がこの3度目の来日があるんじゃないか?と思ったのは、
1993年、オードリーの死後初放送された
「オードリー・ヘプバーンの庭園紀行」、
どう考えても87年なんかに企画・撮影があったとは思えないから、
だったんですよねー。

で、ずっともやもやしてたんですが、
調べてみると、このオードリーがホストを務めた番組、
最初のプレビューは90年だか91年だかの春に行われてるんですよね。

「オードリー・ヘプバーンの庭園紀行」は全8編あるんですが、
でも“日本の庭園”編ともう1本は他の6編より少し遅れて放送されてるんです。

となると、オードリーが日本で撮影したのは90年~92年初頭じゃないか、って予想が立つんですよね。

で、「スクリーン+プラス vol.18」で、“87年が最後の訪日になった”
なんて堂々と断言してるので、これはおかしいんちゃうか?って思って
パナソニックの迎賓館である真々庵に直接問い合わせたら、
丁寧に当時の資料を調べてくださって、
90年5月16日か17日にいらっしゃってる、との返事!
もうこれで確実ですよね!

このオードリー特集の「スクリーン+プラス」は、載っている文章が
全然オードリーの資料を詳しく調べてない人が書いたのが丸わかりだったので、疑ったんですけどね。

とりあえず、こういう映画専門誌で、それを書くことを職業にしてるんですから、もっとしっかり調べて欲しいですよね。

というわけで、
“オードリーの来日は83年・87年・90年の3回である。”
が正しいわけですね。


スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。