リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
29位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらからは車が邪魔になって、オードリーは見えません。
そして一瞬の間にその車は走り出しました。表門の方へ!

…そしてあっという間に出て行ってしまったのです。
“しまった!!!表だった!!”と思った時はもう遅い。
よく考えれば、そんな普段使わないような門から車が
出て行くわけはないのです。
もし使うとすれば、そこの鍵は早くから開けておくはずです。
大慌てで僕は手を上げてタクシーを拾いました!
“ヒルトンホテルまでっ!!”

ところがすぐにそのタクシーは出ないんです!
いらいらしている僕にタクシーの運転手さんは言いました。

“ヒルトンホテルって赤坂と新宿にあるよ。どっちのヒルトン?”

ええ~~~っ!ヒルトンホテルって2つあるんだ!
そんなのわかんないよー!!

“ここから近いのは赤坂だけどね。”と言ってくれたので、
“じゃあ、そっちへお願いします!急いでください!!”
と言ってそこへ向かうことに。

オードリーが宿泊してるのは赤坂の方であって欲しい!
できればオードリーより先に着いて欲しい!!

赤坂ヒルトンホテル(現キャピタル東急)に着きましたが、
どうせ“オードリーさんは泊まっていますか??”
とホテルの人に聞いても教えてくれないだろうと思ったので、
ヒルトンホテルの前でオードリーがやって来ないかと
手にオードリーに渡すプレゼントを持って待つことに!

4月だから、まだまだ晩は寒い。
薄手のペパーミントグリーンのブルゾンだけの僕は
とても寒かったのですが、
それでもじっとオードリーを待ち続けました。
さらにホテルの中でオードリーが何か食べに出て来ないかと
ホテルの中も注意して見てました。
でも、さすがに長い間待っても、先に出た車が
そんなに後に到着するはずもありません。
本当に赤坂ヒルトンホテルかもわかりません。
5分…10分…15分…30分…

1時間じっと待ちましたが、結局ダメで、
オードリーに僕のプレゼントを手渡して“見る”ではなく“会う”、
そして僕を知ってもらうチャンスを
永久に失ってしまったのでした…。


…この話には後日談があります。
親戚の家の新聞でオードリーの映画「暗くなるまで待って」と
「華麗なる相続人」を池袋の文芸坐でやっていることを
知った僕は翌日、映画を見に行きました。
vol.24参照)そしてその帰り、
近所で映画ショップを見つけた僕は
「昼下りの情事」のオードリーの白黒ポスターを買って帰りました。

そして、4月の16日と17日には大阪フェスティバルホールでも
同じショーをすることがわかったので、
前日までに当時大阪で一番格の高い中之島のロイヤルホテル
(現リーガロイヤルホテル)に
“そちらにオードリー・ヘプバーンが泊まると聞いたのですが…。”
とカマをかけてみましたが、
“そうなんですか?”と答えをはぐらかされてしまいました。
(実際にはやっぱりロイヤルホテルにオードリーは泊まっていた)
大阪にも出かけて行ってオードリーに会えないかと終演後まで
待ちました。

でも大阪にもオードリーが出ているのかどうかわからなかったので、
ショーが終わって出てきたおばさん達に
“オードリーは出てましたか?”と尋ねたら
“出てたわよ~、やっぱり綺麗だったわ~!”というお答え。
しかもこちらはどこから車が出て来るのかさっぱりわからない構造。
どこに泊まるのかわからない状況では先回りもできません。
再びオードリーに会うことは叶いませんでした。

今にして思えば、あの東京でのジヴァンシーのショーは、
逃してはならないオードリーに“会う”ことのできる
唯一のチャンスだったのですね…。

でもあの時渡そうとしていた「エクスラン・ヴァリーエ」の
ブラックドレスを着たオードリーの絵、
元の画像が載っていた“スクリーン”ではジヴァンシーのドレス
となっていたので、オードリーに渡す際に横にいるであろう
ジヴァンシーにも見てもらって、
“ジヴァンシーさんの衣装を着たオードリーさんです!”って
言おうと思っていたのですが、
なんとこの衣装は2000年のオードリー展でジヴァンシーではなく、
ヴァレンティノの衣装であることが判明!
ある意味大恥をかかなくて済んだのでありました。

でも、あのショーの時に他のお客さんと共に
プレゼントを渡していたら…
きっとオードリーと会話はできなくても、
握手は出来てただろうなーって思うのです。
二度と取り返しの付かない失敗だったのでした。
スポンサーサイト
オードリーは“ムーン・リヴァー”をバックに
静かに前に歩み出てきました!

本当にこの席でよかったー!
おそらくあまりに大量のスモークのせいで、
客席にまでスモークが溢れてきて、僕の1つ前の席の人には
すぐにはオードリーが見えへんやろなーって。
僕にはスモークの被害もなく、
歩いて来るオードリーがじっくり見れたんです。

そしてステージ最前部の中央にあるマイクの前に
オードリーが立ちました!!!

席がよかったので、なんと!僕が手を伸ばせば
届きそうなくらい近く!!!!
そんな間近にオードリーが!!!!!
感激のあまり体は震えるし、涙が出そう!

“あのオードリーが、本物のオードリーが
まさに僕の目の前に立っている!!!!!!”

オードリーは「ニューヨークの恋人たち」までしていた
クリクリヘアをやめ、ひっつめの髪型にして、
赤と黒が基調になったドレスを着て、
ジヴァンシーを讃える言葉を述べはじめたのです!
英語なので、内容はちっともわからなかったのですが、
オードリーの生の声が聞ける!それだけで充分感動でした!

慌てて鞄からカメラを取り出し、舞台のオードリーを撮りました。
取り上げられたらどうしようもないので、こっそり1枚だけ。
オードリーが老けたなんて週刊誌が書き立てていましたけど、
実際に見るオードリーはもう言葉で表せないほど優雅で綺麗!!!

やがてオードリーの言葉は終わり、ジヴァンシーを呼びました。
会場全員の拍手と共にジヴァンシーもステージへ!
そしてオードリーと抱擁をかわしました。
そのあと、何人ものお客さんが前に出て、
オードリーとジヴァンシーに花束やプレゼントを渡しています。

僕もファンレターと手紙を持っていましたが、
どうしても会ってサインをもらいたかった僕は、
終演後に直接渡したかったので、その場では渡しませんでした。
それに、大きな花束とかに比べて、
僕のプレゼントはあまりにも貧相だったのです…。

さて、万雷の拍手でショーは終わりました。
終演後にオードリーに会うためには、
次のP.M.7:00からのショーが終わるまで待たなくてはなりません。
それまでショーや舞台を見たことの無かった僕は、
楽屋なんて守衛さんが絶対入れてくれないだろうと思い、
オードリーが車で出て来る所を狙って
待ち伏せすることにしたのでした。

僕はNHKホールの周りを確認して、出口を探しました。
ところが、おそらく出演者やスタッフの出口は1つだけなのですが、
車用の門が2つあったのです!
1つはお客さんの入る側にある開けっ放しの門、
もう一つは鍵がかけられた門。

どちらで待つか悩みました。
とにかく自分が見たショーの長さからして、
おそらく終演はP.M.9:00くらいだと思ったので、
まだまだ時間はあります。

時間つぶしをしないといけないので、
NHKホールの向かいにあったそば屋さんに入りました。
お腹は空いていましたけれども手持ちのお金があんまりないので
贅沢はできません。
カツ丼を頼んでそれを食べ、またNHKホールに行きました。
やがて最後のショーも終わった様子。
お客さんがぞろぞろ出て行きました。僕はじっと待っています。

やがて今度は舞台のスタッフ達が次々楽屋口から歩いて出てきました。万が一のためにそのスタッフの一人に尋ねました。
“すみません、オードリーはどこに泊まっているか御存じですか?”
すると、“ヒルトンホテルじゃないの?ジヴァンシーも
経営に参加してるみたいだし。”との答え。
“ありがとうございました。”と答えていよいよ今度は
オードリーが出て来るのを待ったのです!

さて、車が出て来ると思われる門を決定しなければなりません。
表側の開いている門なのか、横の鍵のかかった門なのか…!
僕は結局、オードリーとジヴァンシーほどの大物だったら、
おそらく鍵のかかっている側から出るだろうと思ったので、
横の門で待つことにして、誰かが鍵を開けに来るのを
暗い中、じっと待っていました。

…やがて、楽屋口に車が横付けされました…。
本物のオードリーを見たお話その1

僕がまだ少年と呼ばれる年令だった頃の1982年、
ある日母親のお店で毎月とっていた雑誌、「婦人画報」
(だったと思うのですが「ミセス」かもしんない)に
ジヴァンシーの30周年記念ファッションショーの事が
大々的に見開き2ページを使って宣伝されてました。
東京のNHKホールで1983年4月に開催されるとのこと。

もちろんもう既にオードリーファンだった僕は、
1982年にニューヨークでは同じ催しが行なわれて、
それにはオードリーも出演していたことは何かの記事で
読んで知っていたので、
“ええ~~~っ!”って思わず声をあげてしまいました。
“もしかしてオードリーが日本に来るかも!?”って。

横にいた母親が“行って来たらいいやん。”
とは言ってくれたんですけど、その時とても貧乏だった僕は
“でもお金ないしなー。”って言ったら、
“お金出してあげるから行って来なさい。”との
ありがた~いお言葉。
それで行けることになりました。

さっそくそこに書いてあった問い合わせ先に電話して尋ねると、
“オードリー・ヘップバーンさんも参加の予定です。”とのこと。

きゃー!きゃーきゃー!!もう僕は舞い上がってしまいました。
“残っている中で一番良い席をください!”って言ったら、
4月13日・14日のうち、4月14日の3回ショーがあるうちの真ん中、
P.M.4:00がいい席がありますよ、とのことだったので、
その電話に出たお姉さんに“それが一番いい席ですよね?”
って何度も念押し。

“はい、かなりいい席です。”との答えだったので、
“じゃあそれをください!”とのことで
その回のチケット購入決定!
ワクワクしながらその日が来るのを待ちました。

…やがてその日がやってきました。前日に新幹線で行き、
東京の伯父さんの家に泊めてもらいました。

さて話は一旦それますけど、
このファッションショーのロビーだったか、
それともジヴァンシーの30周年回顧展なるものが
83年に全国で催されましたから、
そちらでだったのかは忘れましたけれども、
その時期に当時のジヴァンシーデザインの日産ローレル
という車がでーん!と置いてあるのも見ましたし、
オードリーの「ティファニーで朝食を」の
あのつばのでっかいリボン付きの帽子と
それの黒い衣装がレプリカでマネキンに着せて
展示されているのも見ました。
オリジナルは確か古くなって残ってなかったはずです。

一度僕はオードリーに宛ててファンレターを書いたことがあります。
ただ、もうとっくに撮影も公開も終わった「ロビンとマリアン」の
コロムビア社宛だったので無情にも帰って来てしまいました。

それにオードリーを元に描いた絵もいっぱいありましたので、
その届かなかったファンレターと、一番出来のいい
「エクスラン・ヴァリーエ」のオードリーのイラストを
オードリーに会って渡すつもりで持って行きました。
もちろん、終演後にオードリーに会って、
サインしてもらい、握手をし、
僕というファンがいることを知ってもらうつもりで。

さてさて当日、荷物を置いて、いざNHKホールに!
慣れない東京で原宿からNHKホールに早めに行きました。
当時自分が持っていた洋服の中で一番のお気に入り、
ペパーミントグリーンの薄手のブルゾンを着て、
同色のパンツを穿いて。

一応カメラは持ち込み禁止だったと思うけど、
バレないようにこっそり持って入りました。
中に入って持っているチケットで自分の席を探すと…
なんと1階の前から4列目で真ん中より3つほど左の席だったか、
前から3列目の真ん中から4つほど左だったか…。
“すごいすごい!!めっちゃいい席やんかっ!!”って思いました。
“ここならオードリーが間近に見れる~っ!!”って。

すんごい嬉しくて感激しながら着席。
最初は閑散としていた客席も、
時間が迫るにつれてどんどんいっぱいに。
後ろを見回すとどうやらデザイナー学院の生徒も
団体で学校から来ている様子。

やがてブザーの音と共に照明が落ち、
華やかなファッションショーの幕が開きました!!!
ショーはモデルさんが次々に1983年春夏物の
ジヴァンシーデザインの衣装を着て登場!

目にも綾な豪華ファッションの数々!
オードリーが出て来ないので、
僕は実はちょっと退屈してましたけど、
その時に印象に残ったのは当時のジヴァンシーの
白をベースにいろんな柄の入ったチューリップラインのワンピース。
腰から大きく膨れて、膝のあたりに来ると
ちょっと狭くなっている形です。袖も膨れていました。
俗に言う“ちょうちん袖”っていうやつですね。
そういえばその頃のオードリーもそういう衣装で写っていた
画像があったはずです。

さて、いよいよショーも終盤、
モデルさんが後方に勢ぞろいして真ん中だけを大きく開けて、
左右いっぱいに並びました。
そこで照明が落ち、モクモクとスモークが。
そのスモークはどんどん客席の方に流れて来て、
なんと!僕のいる1つ前の席まで覆って
真っ白になってしまったのです。

その時!“ムーン・リヴァー”の音楽が流れてきました!
そして中央にスポットライトが当たり、
本物のオードリーが、
あのオードリー・ヘプバーンが登場したのです!!!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。