リンク


カテゴリー


最近のコメント


プロフィール

みつお

Author:みつお
オードリー・ヘプバーンのファンです。最近は色々とオードリーに関して調べています。
一番好きな映画は「いつも2人で」。
どうぞよろしく!
別のブログでオードリーグッズの紹介もしています。
リンクで行ってみてください。
なお、画像や文章の無断転載はお断りします。

©おしゃれ泥棒 オードリー・ヘップバーン!by みつお


最近の記事


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
929位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
映画俳優
35位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング


ブログ内検索


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 とうとうオードリー・ヘプバーンの「マイヤーリング」が公開されましたね!僕は大阪の初回で見たのですが、行った段階で既に初回・2回目ともSOLD OUT!帰る頃には3回目が既に半分以下になってました。

 今日はTOHOシネマズ梅田自体がごった返していて、普通にチケットを買うのは延々と長蛇の列ができていました。
 その中で従業員の女性が “現在完売しているのは「マイヤーリング」です。「マイヤーリング」は1回目・2回目共完売となっております!ただ今ご案内できるのは3回目の19:50の回です!”と叫んでいました。

 でもやはりネットで予約せずに来たお客さんもいらっしゃったみたいで、その従業員の女性に「マイヤーリング」のことを問い合わせていました。従業員の方は“明日の回か、今日でしたら19時50分の回になるんですよー。”と申し訳なさそうに話していました。

 売店では“「マイヤーリング」のパンフをください!”と(大きめの声で)言うと、販売をしている方も、“本日初日の「マイヤーリング」のパンフレット販売しております!”と大きな声で言ってくださいました。
 それでそれまでオードリーのクリアファイルやらカレンダーやポストカードに目が行ってたお客さんも「マイヤーリング」のパンフレットに。
 僕も文章を書いてますから、“パンフレット買ってください〜!”って心の中で叫んでました(笑)。

 以前行った時に別の場所に飾られていた「マイヤーリング」パネルは、今日は上映されるシアター6の所に移されていて、それを観た若い女性の2人連れが、“本当はカラーやったんやー。カラーで観たかったわー。”って言ってました。

 そこでも、“「マイヤーリング」のパンフレットとかないんかしら。”と言ってた方が居たので、思わず“パンフレット、売ってますよ、下の売店で。”って言ってしまいました(笑)。

 間際に来られた一人以外、ほとんどの座席が埋まってましたが、その時にぐるりと劇場を見回すと、今日は初日だからか入場の際にモギリに来ていた男性の従業員か配給会社関連(スーツだったので、バイトではないと思われる)の方が後ろに立っていました。

 映画が始まると、配給のブロードメディア・スタジオ株式会社さんのロゴが。
 これまで何度も担当の方とやり取りしていたので、そのロゴが出て、今までのその方の努力が全てこれで報われたんだなぁ〜とゾクゾクしながら思ってました。

 映画はやはり画質が悪く、最初はお客さんが引くんじゃないかと心配でしたが、最後はすすり泣くお客さんもいらして、良かった〜映画に入り込んでいただいたんだー!と思いました。

 そういう僕も、最後はマリーのことを考えて、涙を抑えるので必死。
 家でアメリカ版のDVDとか見てた時とは全然映画に入っていける度合いが違うんです!
 最近どのオードリー映画を見ても泣いてるなー(笑)。年のせい?

 映画の後、“なんやこれ?”みたいな感想があったらどうしよう…と思ってたのですが、そんなこともなく、みなさんオードリーの可愛さを堪能していただけたようです。

 帰りも売店のオードリーコーナーで立ち止まってる人を見ていて、“パンフレット買って!”って思ってました(笑)。
 で、買ってくださった人には“ありがとうございます!”って心の中で言ってました。
 でも売店から見たら、“あそこで立っている人は何!?”って不審者のように思われていたかもしれませんね。(^^;;;

 やがて「マイヤーリング」のお客さんが捌けたのか、オードリーコーナーに人が居なくなったので、僕も帰りました。
 またTOHOシネマズ梅田の劇場が変わる日(6〜9日)に友人と行こうと思っています。

 とにかく、始めから終わりまで、ず〜っとオードリー・ヘプバーンの新作を見れる喜びに浸りながら過ごせたのでした。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。